ワールド・ビジョン、フィリピン台風被害者10万人に支援

2013年12月9日01時36分 印刷

キリスト教NGOのワールド・ビジョン(World Vision)は7日、先月初めにフィリピン中部を直撃した台風30号(ハイエン)の被災者約10万人に支援を行ったと発表した。

台風通過から約1カ月が経過し、被害発生直後から緊急支援を行ってきたワールド・ビジョンは、フィリピンのイロイロやアクラン、カピス、セブ、レイテといった各地の被災者10万6260人に対して支援を行った。水や食糧、衛生キットなどの物資支給のほか、子ども達の心理的ストレスを軽減することを目的に、子ども達が安心して遊べる場としてチャイルド・フレンドリー・スペースを設置したほか、母親達が安心して授乳できる施設の設置なども行った。

ワールド・ビジョンの健康管理の専門家であるイボンヌ・ドクー医師は、「壊滅的な損失を経験した子どもたちとその家族には、一刻も早い心理的サポートが必要です」と強調する。そのため、ワールド・ビジョンは、チャイルド・フレンドリー・スペースの設置による子ども達の心理的サポートを継続していると伝えた。

また、すでに台風通過から1カ月が経過したため、人命救助を最優先にしつつも、同時にインフラ整備など生活環境の回復に必要となる活動にも力を入れて行くとしている。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース