愛による全面受容と心の癒やしへの道(62) 峯野龍弘牧師

2014年7月5日11時30分 コラムニスト : 峯野龍弘 印刷
関連タグ:峯野龍弘

第5章 心傷つき病む子どもたちの癒やしへの道
Ⅲ. アガペーによる全面受容の癒やしへの道
2)アガペーによる全面受容の癒やしが成されるための具体的な道
■ 癒やしへの具体的な道
➃ 決して子どもの行動を規制せず、積極的に支援する覚悟と決断

かくして全面受容し続けるところに「アガペー」が息づき、また「アガペー」による全面受容の真価と真骨頂が問われているのです。ですから子どもの要請を無視したり、ましてや決してその行動を規制したりしてはなりません。ひたすら受容し続け、支援し続けるのです。

どうか周囲の人々の声に決して惑わされず、またウルトラ良い子たちが切願してやまない世界で唯一の真の受容者であり、かつ最高の受容者であるべき両親でもない如何なる人々の評価や言説にも、断固として揺り動かされることがあってはなりません。

そうです。このような断固たる覚悟や決断こそが、心傷つき病む子らの感受性の強い純なる心に、そこまでして自らをしっかりと受容し続けようとしている、母親たちの真実と不変のアガペーと強力にインプットすることができ、彼らの心を安息させるのです。

ですからこのような時こそ、あえて心傷つき病むわが子らのために、“アガペーによる全面受容”を貫き通していただきたいものなのです。この確固たる「覚悟」とその断固たる「決断」、そして更にその上でなされる不屈の「アガペーによる全面受容」こそが、我が子をその長い間の過去の苦悩と悲しみの中から見事に救い出し、癒やし、変革して行く世界で最上にして、しかも究極の確実な癒やしと回復の妙法なのです。

ちなみに筆者が常に座右に置き愛読している聖書の言葉の中には次のような素晴らしい言葉が記されています。「愛(アガペー)は決して滅びない」(Ⅰコリント13章8節)、また「最も大いなるものは愛(アガペー)である」(1コリント13章13節)と。

この意味するところは真実の愛(アガペー)は、決して途絶えることのないものであり、そして真の愛(アガペー)は、この地上において人間にとって最大・最高・最良のものであることを明示しています。まさにこの「“アガペー”による全面受容」に優る最大・最高・最良の癒やしの道は、世にないことをあらためてここに力説しておきたいと思います。

ともあれ、かくして「規制あるところには受容なく、また受容なきところには“アガペー”はなし」と心に銘記し、ひたすらわが子の癒やしのために日夜邁進していただきたいものです。ここでまた聖書の言葉を引用させていただくならば、次のように言われています。

「だから自分の確信を捨ててはいけません。この確信には大きな報いがあります。神の御心を行って約束されたものを受けるためには、忍耐が必要なのです」(ヘブライ10章35、36節)。

そうです。疑わず確信して「アガペーによる全面受容」を続けてください。決して無責任な他者の言説に惑わされず断固としてその確信を揺るがせられず前進してください。その時あなたは必ずその最良の報いに与ることができるでしょう。これは人間の創造者である神の御心であって、永遠不変の真理です。まさに天地万物の創造された当初からの人類への神の愛の法則であると言っても過言でないでしょう。

ですから決してその確信を放棄しないでください。その確信は必ず報われるのですから。また聖書には更にこうも言われています。

「こういうわけですから、動かされないようにしっかり立ち、主の業に常に励みなさい。主に結ばれているならば自分たちの苦労が決して無駄にならないことを、あなたがたは知っているはずです」(Ⅰコリント15章58節)と。

おわかりいただけたでしょうか。確固たる「覚悟」、断固たる「決断」、そして不屈の忍耐をもってなす「アガペーによる全面受容」は遂に必ず報いられ、決して苦労が無駄になることはないのです。どうかこの癒やしへの道、癒やしの真理、法則を確信してひたすらお励みください。(続く

峯野龍弘

峯野龍弘(みねの・たつひろ)

1939年横浜市に生れる。日本大学法学部、東京聖書学校卒業後、65年~68年日本基督教団桜ヶ丘教会で牧会、68年淀橋教会に就任、72年より同教会主任牧師をつとめて現在に至る。また、ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会および同教会の各地ブランチ教会を司る主管牧師でもある。

この間、特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン総裁(現名誉会長)、東京大聖書展実務委員長、日本福音同盟(JEA)理事長等を歴任。現在、日本ケズィック・コンベンション中央委員長、日本プロテスタント宣教150周年実行委員長などの任にある。名誉神学博士(米国アズベリー神学校、韓国トーチ・トリニティー神学大学)。

主な著書に、自伝「愛ひとすじに」(いのちのことば社)、「聖なる生涯を慕い求めて―ケズィックとその精神―」(教文館)、「真のキリスト者への道」(いのちのことば社)など。

峯野龍弘のアガペーブログ

関連タグ:峯野龍弘

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース