宗教者九条の和、共同アピール1次集約集会の様子を公開(動画あり)

2014年4月16日15時36分 記者 : 行本尚史 印刷
+宗教者九条の和、共同アピール1次集約集会の様子を公開
「宗教者九条の和」が、9日に参議院議員会館で行われた「集団的自衛権の行使に反対し、いのちと憲法9条を守ろう」宗教者共同アピール第1次集約集会の録画を公開した。(写真:動画より)

仏教やキリスト者などからなる平和運動団体「宗教者九条の和」(東京都渋谷区)は、9日に参議院議員会館で行われた「集団的自衛権の行使に反対し、いのちと憲法9条を守ろう」宗教者共同アピール第1次集約集会の録画を、このほどユーチューブで公開した。

このアピールは、昨年11月1日に宮城泰年師(聖護院門跡門主)、松浦悟郎司教(日本カトリック正義と平和協議会会長=当時)、小橋孝一牧師(日本キリスト教協議会議長)が呼びかけ人代表となって発表されたもので、「かけがえのないいのちを尊び、いのちをいとおしむことを第一の使命とし、平和の世界を具現するために手を携えている私たち宗教者は、安倍首相の進める集団的自衛権の行使容認に反対し、いのちと9条を守ることを祈り求め、ここに共同のアピールといたします」などとしている。同団体は11月26日に衆議院第2議員会館で発足集会を開いた。

同団体はこのアピールに関して、「安倍首相は、積極的平和主義にもと、『集団的自衛権行使容認』の法制化を進めると国会で言及しております。これは、取りも直さず立憲主義を否定し、解釈改憲を進め、”改憲のクーデター”とも言うべきものです。憲法9条の危機に直面している今、いのちを守り、平和を祈る宗教者は、『集団的自衛権行使は戦争であり、殺し殺されることである』と再認識し、『戦争殺人反対、いのちを守ろう』と声を大にして、祈り行動してまいりましょう」と述べている。

この動画に収録されたこの集会は、「集団的自衛権の行使は戦争です」という副題の下で行われた。初めに「宗教者九条の和」事務担当の武田隆雄氏(日本山妙法寺僧侶)が経過報告を行い、このアピールについて3368人の署名が集まったことを明らかにした。また、松浦司教が主催者挨拶を述べ、市民団体「許すな!憲法改悪・市民連絡会」事務局の高田健氏による情勢報告の後、呼びかけ人や賛同人が挨拶し、日蓮宗僧侶の小野文珖師ら仏教の僧侶、日本カトリック正義と平和協議会事務局長の大倉一美神父や、国会議員などが発言した。そして「殺すなかれ」と祈り訴える宗教者の決意をうたう集会アピールを新たに採択するとともに、小橋氏が閉会の挨拶で憲法第9条の大切さを国内外に粘り強く訴えていきたいと述べた。

同団体は集会後、衆議院第2議員会館前路上で、約30分間の路上祈念集会を行った。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース