日本同盟基督教団、新理事長に中谷美津雄氏を選出

2014年3月27日18時37分 記者 : 内田周作 印刷

日本同盟基督教団(東京都渋谷区)は20日から21日まで開催した第65回教団総会で、中谷美津雄氏(生駒めぐみ教会牧師)を理事長に選出した。21日、同教団のウェブサイトで総会議案審議結果速報で伝えた。

副理事長には水草修治氏(小海キリスト教会牧師)、常任書記には朝岡勝氏(徳丸町キリスト教会牧師)を選出。教職理事には、笠川徹三氏(茨城聖書教会牧師)、坂本誠氏(愛知泉キリスト教会牧師)、趙南洙氏(川崎招待キリスト教会)、野口富久氏(松原聖書教会牧師)、入江喜久雄氏(福岡めぐみ教会牧師)、廣瀬薫氏(東京キリスト教学園理事長)を選任した。また、信徒理事には、植草功吉氏、本間昭弘氏、西田忠一氏の3人を選出した。理事長の中谷氏と、副理事長の水草氏が、同教団の2014年度法人責任役員となる。

同速報によると、第65回教団総会では、第1号から第16号議案まで審議したが、すべて可決承認された(第5号議案は理事選出で上記を選出)。

一方、同教団は今回の総会の模様を関係者向けに動画共有サービス「Ustream(ユーストリーム)」で生中継した。

次回の2015年度第66回教団総会は、議長が三浦陽子氏(安中聖書教会)、副議長が山本進氏(馬込沢キリスト教会)で来年開催される。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース