日本同盟基督教団「教会と国家」委員会、安倍首相の靖国参拝に抗議声明

2013年12月30日23時59分 印刷

日本同盟基督教団「教会と国家」委員会(柴田智悦委員長)は29日、安倍晋三首相が26日に靖国神社を参拝したことに対して、抗議する声明を発表した。

同委は声明で、安倍首相が内閣総理大臣の肩書で参拝したことは、憲法の定める政教分離の原則に反すると指摘。また、極東国際軍事裁判によって有罪判決を受けたA級戦犯を合祀する靖国神社を参拝することは、日本の侵略戦争を正当化しようとするものだとしている。

以下、同委による抗議声明全文。

私ども日本同盟基督教団「教会と国家」委員会は、本年行われた靖国神社春季例大祭に169名、及び秋季例大祭に157名もの国会議員が参拝され、安倍首相ご自身も真榊を奉納されたことに対して強く抗議し、また8月15日の終戦記念日には首相、閣僚を始めとする国会議員の皆様が靖国神社を参拝されないよう求めて参りました。しかしながら、このたび、12月26日に安倍首相自らが「内閣総理大臣」として靖国神社を参拝されたことに対し、以下の理由で強く抗議いたします。

第一に、首相が「内閣総理大臣」の肩書で靖国神社に参拝され、国のリーダーとしての参拝であると言っておられることは、日本国憲法の政教分離原則に違反しています。日本国憲法第20条「信教の自由、国の宗教活動の禁止」には、戦前・戦中における国家と神社神道との結びつきによる反省から、「いかなる宗教団体も、国から特権を受け」てはならず、「国及びその機関は」「いかなる宗教活動もしてはならない」と規定され、国家と宗教との分離が明確に規定されています。従って、一国の首相が「内閣総理大臣」として報道陣に囲まれる中、公然と靖国神社を参拝されることは、決して「私的」な参拝ではあり得ず、明らかに「宗教法人靖国神社」という、特定の宗教団体に対する公的な政治的関与です。

首相は、憲法第九九条に定められている、公務員の憲法尊重擁護義務をこそ、率先して遵守すべきです。

第二に、靖国神社は、戦前・戦中は陸・海軍省に管理された国民を戦争に動員するための軍事施設であり、戦後も戦没者を「英霊」として「顕彰」しており、さらに、極東国際軍事裁判によって有罪判決を受けたA級戦犯を合祀していることからも、日本の侵略戦争を正当化していると言えます。そのような靖国神社を日本国の代表たる「内閣総理大臣」が参拝されることは、日本がかつての戦争を反省していないばかりか、美化していると捉えられかねません。その上、日本国憲法前文に謳われている「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し」という精神を否定し、「戦争の放棄、軍備及び交戦権の否認」を宣言した憲法第九条をも否定することになります。特に今年は、矢継ぎ早に、国家安全保障会議の設置、特定秘密保護法の成立、愛国心が明記され武器輸出三原則を緩和し集団的自衛権の行使も視野に入れられている国家安全保障戦略が閣議決定され、普天間基地を辺野古に移設するための埋め立て申請を沖縄県知事に承認させるなど、戦争放棄を掲げる憲法の平和主義に反して、再び戦争のできる国になるための体制を整えているかのようです。その上で首相が靖国神社を参拝されたことは、今後、国のために戦って死に、英霊として祀られる人が生み出されるのではないかとの危惧を覚えます。

首相は、日本国憲法前文に明記されているように、この憲法の理念に「反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する」ことに力を注ぐべきです。

第三に、靖国神社には国のために命を捧げた軍人らが「英霊」として祀られていますが、原爆や空襲で亡くなった民間人や、二千万人を超すとも言われるアジア諸国の戦争犠牲者は対象外です。首相が同時に参拝された鎮霊社は、靖国神社に合祀されない国内、及び諸外国の人々を慰霊するための施設とされていますが、結局は合祀される人とそうでない人とを区別していることになります。首相は「中国、韓国の人々の気持ちを傷つける考えは毛頭ない。それは靖国神社に参拝をして来られた歴代の総理大臣と全く同じ考えだ」と語られていますが、そもそも首相が8月15日の参拝を見送られたのは「外交への悪影響」を考慮されたからではなかったでしょうか。そして、今や、中国、韓国のみならず、首相が同盟強化を最も望んでおられる米国からも「失望している」との声明が出され、ロシアやEUからも批判の声が上がり、世界からの孤立を招いています。

首相は、ご自身の靖国参拝が戦後の国際秩序の土台を否定することになり、国益を害する外交上の問題となっており、中国、韓国との友好関係を築くどころか緊張を悪化させることになっていることを自覚され、一国の首相として真摯な歴史認識に立たれ、諸外国との関係改善に努力すべきです。

私ども日本同盟基督教団は、先のアジア諸国に対する侵略戦争への悔い改めに立ち、平和の福音の使者としての使命を果たすべく日々励んでおりますが、安倍首相の靖国参拝は、このような平和を願う者たちの声を踏みにじることにもなるのです。

以上の理由から私ども日本同盟基督教団「教会と国家」委員会は、このたびの安倍首相による靖国神社参拝に対して、強く抗議いたします。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース