正しく生きるには神様が必要? 経済的に豊かな人ほど反対する傾向 日本は55%

2014年3月19日21時41分 印刷
関連タグ:ピュー研究所
+正しく生きるには神様が必要? 経済的に豊かな人ほど反対する傾向 日本は55%
(写真:HaOrIkIdO)

ピュー研究所が、道徳と宗教についての信条と国の豊かさの関連を調べた。

ピュー研究所のグローバル・アティテューズ・プロジェクトの新しい調査結果によれば、豊かな国の人々ほど道徳に宗教は必要ないと考えていることがわかった。

ガーナやパキスタンでは、宗教的信条なく道徳的で正しい生活を送ることが可能だと答えた人ははわずか1パーセントのみ。ガーナは国連のGDPランキングで82位、パキスタンは43位だ。

GDPのグローバルランキング38位のエジプトや92位のヨルダンでも、信仰なき道徳が可能だと考えている人は4パーセントのみだった。エルサルバドルやフィリピンでは7パーセント。

それに比べて、世界経済の中で5位のフランスや2位の中国では、宗教なく正しく生きることが可能だと信じる人の割合が高い(フランスは85パーセント、中国は75パーセント)。

同じように、経済力世界第6位のイギリスでは、78パーセントの人が道徳的な人間であるために教会や聖書は必要ないと考えている。

しかしながら、この傾向は普遍的とは到底言えない。最も顕著な例外はアメリカで、世界最大のGDPを誇るが、道徳的であるためには神が必要だと考える人(46パーセント)とそうは思わない人(53パーセント)がほぼ半々に分かれている。

経済力世界第15位の韓国も同じく、善人たるには信仰が必要と考える44パーセントの人々とそれに反対する54パーセントの人々に分かれている。

世界第3の経済大国、日本や、36位のチリにおいても、道徳的であることと神を信じることとの関係について意見が分かれている。どちらの国でも、道徳に神は必要ないと答えたのは55パーセントだった。

ヨーロッパはアフリカよりも懐疑主義的傾向がかなり強く、ピュ―研究所が調査したヨーロッパ9カ国の人々の内68.2パーセントが宗教と道徳は無関係と答えたのに対し、調査対象となったアフリカ6カ国でそのように答えた人は12.6パーセントに留まった。

より豊かな国々においては、他の傾向が見られる。アメリカ、カナダ、イスラエル、フランス、イタリア、ギリシア、スペイン、ドイツ、チェコでは、大学教育を受けた人ほど、道徳に宗教が必要だという考えに反対する傾向が見られた。

これは特にアメリカで目立ち、大学の学位を持たない人々の中では信仰と道徳心はつながっていると答えた人が59パーセントであったのに対し、学位を持つ人々の中では37パーセントだった。

また年齢も重要な要因で、若い年齢層ほど道徳的であるために神の助けは必要ないと考える傾向があり、高齢になるほど道徳的指針として信仰にすがる傾向があるようだ。

全体的にみると、この調査の対象となった40カ国のうち22カ国において、道徳的でしっかりとした価値観をもつためには神を信じる必要があると答えた人が大多数であった。このことは特にアフリカと中東で目立った。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。
関連タグ:ピュー研究所

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

代々木公園のホームレス伝道「通路チャペル」 ココロケアの働き

「神の御心に歩む道こそ、人生で最善の道」 第55回大阪ケズィック

イスラエル建国記念式典に日本のクリスチャン音楽家約40人が出演へ 決起集会に850人

リバイバルの鍵は「ディボーション」と「分かち合い」 台湾で急成長する12教会を視察

「オリンピックは宣教の好機」 米宣教団体SIMが熊本、宮城に派遣の短期宣教師を募集

hi-b.a. 代表スタッフが語る「次世代への信仰継承」 断食祈祷聖会(1)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(2)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(1)

日本の「キリスト教系」信者は192万人、2019年版『宗教年鑑』発表

YWAM東京の実践的伝道セミナー「ミリオンライツ」(後編)祖父と同じ地で受けた伝道への召命

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース