ドイツ・クリスマス博物館、ドイツのサンタをユネスコ無形文化遺産に申請

2013年12月24日00時23分 印刷
+ドイツ・クリスマス博物館、ドイツのサンタをユネスコ無形文化遺産に申請

ドイツ・クリスマス博物館が、ドイツの伝統的なサンタクロースの無形文化遺産登録を、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に申請した。AFP通信が伝えた。

同館のフェリーツィタス・ホップナー館長は、サンタクロースの原型は、「ご褒美だけでなく罰も与える」ドイツの伝説の人物だと説明する。米飲料大手のコカ・コーラなどの宣伝から、赤いコートを着た明るいイメージだけを持ったサンタクロースが一般化しており、ドイツの伝統的なサンタクロースの存在が脅かされているという。

ホップナー館長によると、ドイツのサンタクロース「ヴァイナハツマン」は、宗教改革によりプロテスタントでは聖人崇敬が廃止されたため、サンタクロースのモデルとされる聖ニコラウスに代わる世俗的な存在として生み出されたという。

同館は今回、ヴァイナハツマンと聖ニコラウス、また贈り物を配るとされている「クリストキント」について、ユネスコに無形文化遺産への登録を申請した。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース