断食祈祷聖会2014、参加呼びかけ 来年1月13日から東京で開催

2013年12月11日23時55分 印刷
+断食祈祷聖会2013で断食して祈る参加者たち=1月15日、東京都新宿区の東京中央教会で

日本宣教のリバイバルのために祈る「断食祈祷聖会2014」(同実行委員会主催、日本福音同盟=JEAなど協力)が来年1月13日から15日までの3日間、東京都新宿区の東京中央教会で開かれる。同委員会総務の姫井雅夫氏は同委員会発行の情報誌「プレイヤーネット」の最新号で、「イエスは『収穫は多いが働き手が少ない』と言われましたが、祈り手も少ないのです。あなたも祈り手になって、一緒に祈ってくださいませんか」と参加を呼びかけている。

この聖会は、キャンパス・クルセード・フォー・クライスト(CCC)創設者、故・ビル・ブライト氏の提唱によって1999年から始まった。当時は日本各地で断食の祈祷集会が開催され、東京の集会ではブライト氏自らが来日してメッセージを伝えた。今回で16回目を数える聖会となっている。

6つの講演を予定しており、演題は▽福音宣教を阻めている理由(13日午前10時半、山口陽一氏)▽次世代育成のために(13日午後2時、三浦真信氏)▽海外宣教の今後(14日午前10時半、飯塚俊雄氏)▽宣教師のあかし(14日午後2時、菅家庄一郎氏)▽地方教会の課題(15日午前11時、吉永輝次氏)▽忍び込む異端(15日午後0時45分、趙南洙氏)と多岐にわたる。聖会も13日(中島秀一氏)と14日(中川健一氏)の両日午後6時半から行われる。

開会礼拝が1月13日午前10時から行われる。参加無料。協力献金を呼びかけており、郵便振替で受け付けている。振込先は「全日本宣教祈祷運動」(00100・6・560424)。問い合わせは、同委員会(03・3291・5035)。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース