ネパールで祈祷中の宣教師殺害

2013年11月12日17時22分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:ネパール

【CJC=東京】プロテスタント宣教団体「ゴスペル・フォア・エイジア」のデバラル宣教師(36)がネパール東部ファッテプル村で殺害されたとバチカン(ローマ教皇庁)のフィデス通信が報じた。

デバラル宣教師は、クマル容疑者(29)に癒やしの祈祷を頼まれており、当夜も容疑者宅に行き、祈っていると突然襲われ、ネパールの伝統的なナイフ「ククリ」で喉を切られた。宣教師は助けを求めて叫んだが、出血多量で死去した。警察は、クマル容疑者を逮捕した。

現地のキリスト者によると、ネパールをヒンズー国家と信じている人々はキリスト者を軽蔑し、デバラル宣教師に向かって立ち去るよう言う人もいたが、殺害にまでいたるとは思いもよらなかったという。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:ネパール

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング