ムスリム同胞団がキリスト教会襲撃

2013年8月20日10時41分 印刷
 【CJC=東京】エジプト軍のクーデターに反発して首都カイロで座り込みを続けていたムハンマド・モルシ前大統領支持派は8月14日までに強制排除され、暫定政権は同日夜、カイロを含む主要県で夜間外出禁止令を実施した。強制排除を受け、エルバラダイ副大統領はマンスール暫定大統領宛てに辞表を提出した。

 強制排除や各地の治安部隊とモルシ派の衝突による死者は一般市民235人、警官43人に上っている。カトリック教会の広報担当ラフィク・グレイシェ神父は、イスラム原理主義集団「ムスリム同胞団」がカトリック教会7カ所、コプト教会15カ所以上を襲撃した、と述べた。プロテスタント教会が襲撃されたとの情報もある。

 襲撃はカイロ周辺と南部のソハーグ県にわたった。西側メディアが教会襲撃について沈黙を守っている、と同神父は強調している。教会襲撃の際に死傷者が出たかは明らかでない。



関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング