2013年WCC世界総会、韓国で着々と準備

2012年3月28日17時32分 印刷
 来年10月末に韓国釜山で開催予定の世界教会協議会(WCC)第10回世界総会に向けて、韓国の神学教育施設で着々と準備が進んでいる。

 23日には、WCC代表スタッフが韓国ソウルにある延世大学で開催予定の韓国神学校承認協会(KAATS)の年次総会において、来年度総会の神学教育面での準備に関する最新の報告を行った。年次総会のテーマは「世界キリスト共同体における神学教育の責務としての諸教会の一致と福音の透明性」であった。

 WCCエキュメニカル神学教育プログラムコーディネーターとしてスイスジュネーヴで働いているディートリッチ・ワーナー博士は同総会で発表を行い、「韓国の神学教育に関して世界総会に向けた準備の過程でどのような目に見える進歩が生じているか」について説明した。

 来年度釜山で行われる世界総会と同時に、グローバルエキュメニカル神学インスティテュートによる多様な背景を抱える神学生たちを一同に集め、2週間にわたるエキュメニカル神学に関する大学院レベルの授業も開催する予定であるという。同コースは来年11月初旬に世界共通言語の英語で行われる予定であるという。同時に、韓国エキュメニカル神学インスティテュートが韓国語での授業提供も行う予定であるという。世界総会では、韓国の著名神学大学から、教会一致と世界キリスト教教共同体に関する革新的な学術プログラムが発表される予定であるという。

 WCCおよびWCCの韓国提携団体は、世界の多様な福音主義諸教会の参加を呼び掛けている。WCCエキュメニカル神学教育プログラムは今後もより多様な関連団体とともに総会を開催することができるよう模索し続けていく予定であるという。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース