ウィクリフ・アソシエイツ(WA)

概念理解型の新表記法による新約聖書完成 聴覚・視聴覚障がい者への福音宣教目指す

概念理解型の新表記法による新約聖書完成 聴覚・視聴覚障がい者への福音宣教目指す

世界的な聖書翻訳団体である「ウィクリフ・アソシエイツ」(WA)が、これまでに類を見ない新約聖書を出版した。この新約聖書は、新しく開発した概念理解型の表記法で表記されており、世界中の耳や目の不自由な人たちに福音を伝えることを目的としている。

2020年03月31日22時54分

ウィクリフの聖書翻訳者殺害される、翻訳事業に痛手 カメルーン

ウィクリフの聖書翻訳者殺害される、翻訳事業に痛手 カメルーン

西アフリカのカメルーンで、聖書翻訳者が殺害され、信者らの住宅が焼かれる事件が発生した。カメルーンでは最近、フランス語話者の住民と英語話者の住民の間で衝突が起きており、同国における聖書翻訳事業に大きな痛手となっている。

2018年06月15日23時40分

聖書

言語によっては、神をイエスの父と訳さなくても良い 世界福音同盟が見解

福音派の世界組織である世界福音同盟(WEA)は、一部の言語においては字義的に神を「父」、イエスを「(息)子」と表記しなくても良いとする、聖書翻訳者たちの判断を支持する考えを示した。

2017年02月27日23時00分

新約聖書を2週間で完訳するケースも 聖書翻訳の新しい手法「MAST」

新約聖書を2週間で完訳するケースも 聖書翻訳の新しい手法「MAST」

現在もさまざまな言語で行われている聖書翻訳。これまでは1つの言語の聖書翻訳を完成させるのにも、数年から数十年もの月日を要してきた。しかし今、聖書翻訳を短期間で可能にする画期的な方法が広がり、人々の人生を変え、神に感謝の賛美をささげる人を多く起こしている。

2017年02月11日23時39分

ウィクリフ聖書翻訳協会のスタッフ4人殺害 翻訳者1人は無事 中東

ウィクリフ聖書翻訳協会、危険地域にいる聖書翻訳者対象のトレーニング・セッションを計画中

中東にあるウィクリフ聖書翻訳協会のオフィスを過激派が襲撃し、4人の同協会職員が殺害された事件を受け、同協会は、クリスチャンにとって最も危険な地域で聖書翻訳をする働き人を対象にしたトレーニング・セッションを計画していることを発表した。

2016年04月09日19時03分

ウィクリフ・アソシエイツ、世界同盟との提携解消

ウィクリフ・アソシエイツ、世界同盟との提携解消

1967年から国際規模で聖書翻訳事業を進めている「ウィクリフ・アソシエイツ」(WA=本部・米フロリダ州オーランド)が、「世界ウィクリフ同盟」(WGA、本部・シンガポール、1991年結成)との提携関係を更新しないと発表した。

2016年03月08日15時43分

新形式で聖書を2カ月で訳出 ウィクリフ・アソシエイツ

米メディア「クリスチャニティ・トゥデイ」によると、聖書翻訳団体の一つ「ウィクリフ・アソシエイツ」(WA=本部・米フロリダ州オーランド)がこの2月、アジアで翻訳活動に従事しているチームで新約聖書のほぼ半分を2週間で翻訳可能になったと発表した。

2015年06月02日0時15分

パプアニューギニアの小島で現地語の新約聖書翻訳が完了 ウィクリフ

パプアニューギニアの小島で現地語の新約聖書翻訳が完了 ウィクリフ

世界中のウィクリフ聖書翻訳協会の働きを支援するウィクリフ・アソシエイツが発表したところによると、パプアニューギニアの異国情緒溢れる小さな島で、新約聖書の翻訳が完了し、現地語のパトパター語を話す人々が聖書を母国語で読めるようになったという。

2015年01月19日15時23分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース