森下辰衛

三浦文学の魅力と底力(16)「キリストのあほう」になった人 込堂一博

三浦文学の魅力と底力(16)「キリストのあほう」になった人 込堂一博

三浦作品を読んで人生が一変し、新しい希望の人生へと方向転換した人々が数えきれないほど多いことは、よく知られています。その中でも、旭川市在住の中島啓幸(ひろゆき)さんは稀有(けう)な存在です。

2019年05月24日10時18分

三浦文学の魅力と底力(15)もう一人の「秘密兵器」の登場! 込堂一博

三浦文学の魅力と底力(15)もう一人の「秘密兵器」の登場! 込堂一博

2001年、長谷川与志充牧師が東京で三浦綾子読書会を創設したのと同じ頃、福岡でも読書会が福岡女学院大学助教授の森下辰衛氏によって始められました。偶然にも同じ年に2つの読書会が発足したことを知った2人は、一つに統合することに決めました。

2019年05月10日10時16分

三浦文学の魅力と底力(3)旧宅解体と保存運動の渦の中から 込堂一博

三浦文学の魅力と底力(3)旧宅解体と保存運動の渦の中から 込堂一博

三浦夫妻から譲り受けた旧宅をいつまでも空き家としておくのは、防災などの面から心配があると指摘され、教会として旧宅をどうすべきか、判断に迫られました。三浦文学誕生の貴重な住宅なので、「三浦綾子文学館」にしてはという声も上がっていました。

2018年11月02日11時31分

三浦綾子読書会旭川全国大会2018(1)旭川六条教会でシンポジウム 三浦文学に関わる4氏が講演

三浦綾子読書会旭川全国大会2018(1)旭川六条教会でシンポジウム 三浦文学に関わる4氏が講演

北海道旭川市にある三浦綾子記念文学館が今年、開館20周年を迎えた。それを記念して三浦夫妻の書斎を復元した分館が9月29日にオープンし、一般公開された。その旭川市で、9月27日から29日まで「三浦綾子読書会旭川全国大会」が開催された。

2018年10月04日13時18分

ちいろば先生・榎本保郎と三浦綾子にとって「一番大切だったもの」とは?

ちいろば先生・榎本保郎と三浦綾子にとって「一番大切だったもの」とは?

「ちいろば(小さなロバの子)先生」の愛称で知られる榎本保郎牧師と、榎本牧師を小説『ちいろば先生物語』で紹介した作家、三浦綾子。親友であり「信友」であった2人のキリスト者にとって「一番大切だったもの」とは何だったのか。

2018年09月25日22時17分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース