川上直哉

被災地における宗教者の役割とは? 仙台で宗教者会合、130人参加

被災地における宗教者の役割とは? 仙台で宗教者会合、130人参加

「震災から9年目をむかえる宗教者復興会合」が13、14の両日、仙台国際センター(仙台市)で開催された。キリスト教を含む宗教者をはじめ、行政や学者、NPO、市民団体、地元住民など約130人が参加した。

2019年03月25日14時35分

平和のための脱核部会が座談会「被ばく地フクシマと私たち―現場から、世界から―」

平和のための脱核部会が座談会「被ばく地フクシマと私たち―現場から、世界から―」

福島第一原発事故の被害の実相、責任、将来の見通しなどといかに建設的に向き合っていくことができるかを確かめようと、日本カトリック正義と平和協議会「平和のための脱核部会」は4日、座談会「被ばく地フクシマと私たち―現場から、世界から―」を開いた。

2015年07月13日0時43分

「共におられる神」感じてこそ エキュメニカル功労者賞にNPO法人東北ヘルプ 団体事務局長が講演

「共におられる神」感じてこそ エキュメニカル功労者賞に「東北ヘルプ」

日本エキュメニカル協会がエキュメニカル運動に貢献した個人や団体に贈る「エキュメニカル功労者賞」の今年の受賞団体に、NPO法人東北ヘルプが決まり、授与式が4月29日、カトリック麹町聖イグナチオ教会で行われ、同法人事務局長が講演した。

2015年05月08日11時29分

人気記事ランキング

コラム

主要ニュース