アント・アッカラ

インドのクリスチャン・ジャーナリスト、キリスト教徒への大規模暴動の真相を暴露 ヒンズー右翼は沈黙

インドのクリスチャン・ジャーナリスト、キリスト教徒への大暴動の真相を暴露 ヒンズー右翼は沈黙

2008年にインド東部オリッサ州で起きたヒンズー教指導者の殺害とその反動によるキリスト教徒への大規模な暴動の真相を徹底的な調査で解明した、同国のクリスチャン・ジャーナリストによる最近の著書にヒンズー教右翼勢力は沈黙しているという。

2016年10月09日13時57分

インド首相、教会襲撃を非難し信教の自由を保障 「行動で証明を」との声も

インド首相、教会襲撃非難し信教の自由保障 「行動で証明を」との声も

インドのナレンドラ・モディ首相は17日、デリーにあるキリスト教組織に対する襲撃を強く非難し、全ての宗教団体に「自制と互いの尊敬をもって行動するよう」訴えた。同国政府は排他的なヒンズー民族主義者の指針を支持するインド人民党が主導している。

2015年02月20日13時29分

「二度と繰り返さない カンダマルの日」集会、インド各地で開かれる

「二度と繰り返さない カンダマルの日」集会、インド各地で開かれる

2008年にインド南東部のオリッサ州カンダマル地区で起きたキリスト教徒に対する暴動から6周年を迎えた8月25日、その犠牲者や生存者の正義を求めようと、「二度と繰り返さない カンダマルの日」と題する集会が、首都ニューデリーなど全国で行われた。

2014年08月29日20時48分

インドのキリスト教ジャーナリストが告発 破壊されたキリスト教共同体と謎の本(3)

インドのキリスト教ジャーナリストが告発 破壊されたキリスト教共同体と謎の本(3)

この殺人と公判における主な出来事は次の通りである。2008年8月23日にスワミ・ラクシュマナナンダ・サラスワティが他の4人と共に覆面の殺し屋たちに銃殺された。

2014年08月14日10時23分

インドのキリスト教ジャーナリストが告発 破壊されたキリスト教共同体と謎の本(2)

「企画者」による「正直な考証」と呼ばれている『嫌悪という収穫』の背後にある著者の真偽をめぐる疑惑は、『ORISSA in the CROSSFIRE – Kandhamal Burning (十字砲火の中のオリッサ―燃えるカンダマル)』という別の題名の同じ本が登場したことで確認された。

2014年08月14日10時16分

インドのキリスト教ジャーナリストが告発 破壊されたキリスト教共同体と謎の本(1)

インドのキリスト教ジャーナリストが告発 破壊されたキリスト教共同体と謎の本(1)

野党であるインド国民会議の上級指導者、ディグヴィジャヤ・シン氏は11日、同国の与党であるインド人民党(BJP)の母体でヒンドゥー至上主義を掲げる「民族義勇団」(RSS)のイデオロギーをタリバンのそれにたとえ、この右翼団体がインドの平和を損なっていると述べた。

2014年08月14日10時08分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース