スコットランド教会、同性愛教職問題で神学委設立

2011年5月31日10時25分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
 【CJC=東京】スコットランド教会(長老派)はエジンバラで開催した総会で5月23日、ゲイとレスビアンの教職志願者受け入れの件で、「同性間関係にある人の訓練と聖職任命受け入れに関する停止措置撤廃をさらに検討する」ため、新たに「神学委員会」を設置することを351票対294票で採択した。

停止措置は2009年、アバディーンで男性の同伴者と同棲していたスコット・レニー氏の任命に関する論議の結果定められたもの。問題検討のため特別委員会が設立され、「さらに調査が必要」とする報告書が総会に提出されたもの。

総会はまた2009年以前に任命された牧師、執事には現任教会に留まることも、希望するなら他の教区に異動することも認めることを決めた。

長時間に及ぶ総会審議の後、「2013年総会に提案するため神学委員会を設立、牧師が民法上の結合関係を祝福すること、またその場合に礼典を執行することへの良心の自由を持つべきか、について検討する」との声明が発表された。

ENIニュースによると、デービッド・アーノット総会議長は、「包容を検討するための一つの方向だが、新しい神学委員会がこの問題について報告することになっており、決定が行われたわけではない」と報道陣に語った。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング