東京福音センター 創立10周年で展覧会開催 銀座

2004年12月17日22時01分 印刷
+

日本基督教団銀座教会(東京都中央区銀座)内の東京福音会センター開設10周年を記念して、「美術でたどる聖書展」が同センターを会場に15日から開催されている。

センターは、1994年12月に、同教会の対外活動の一環として創設された。展示室と集会室を有し、これまで展覧会や集会が行われ、利用する人々によって支えられている。クリスマスやイースターには、それをテーマとする美術展を毎年開催し、今日まで続けられてきた。

聖書展は「キリスト生誕2000年」を記念して2000年9月に開催され、今回で2回目。教派・教会の違いや美術ジャンルの違いを超えて、キリストの福音を信じる美術家が、美術作品を通じて信仰を表現するという目的で行われる。

今回は油彩画からリトグラフまで43点を展示。センター関係者は、開設当時から作品を提供している常連に加えて、最近はセンターを訪れた人が作品を持ち寄るようになったと話しており、個性豊かな作品がキリストの福音をさまざまな視点から生き生きと表現している。

展示は25日まで。(20日休館)詳細は同センター(03・3561・2910)へ。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース