ルイス・パラウ氏、ベトナムで数万人に福音届ける

2011年4月14日17時46分 印刷
+  大衆伝道者ルイス・パラウ氏が数万人のベトナム人に向かって福音を伝えている。(=2011年4月10日、ベトナムホーチミン市で、写真提供=ルイス・パラウ協会)
 世界的に著名なアルゼンチン出身の大衆伝道者ルイス・パラウ氏が9-10日にかけて、共産主義国であるベトナムの最大都市ホーチミン市において福音伝道大会を行い、数万人に福音のメッセージを伝えた。伝道大会はベトナムにプロテスタントの教会が建てられてから100周年を記念したフェスティバルとして催された。

 ベトナムプロテスタント教会指導者らは伝道大会開催のためにかねてからベトナム政府に働きかけ、イベント開催当日の9日土曜日のイベント開催時間3時間前にやっと政府から伝道大会開催許可を取得し、無事開催に至った。当初伝道大会は野外で行われる予定であったが、政府の許可が下りず、替わりにサッカースタジアム内での開催となった。

 伝道大会終了後の11日、パラウ氏は「ベトナムでこのような歴史的な取り組みに参加できたことに恐縮しております。ベトナムのキリスト共同体は情熱に溢れています。とても愛国心にあふれ、また楽観的でもあります。この国の将来に大変わくわくしています。これからのベトナムを見るのが楽しみです。ベトナムを愛していますし、心から喜んでいます。神様の御心のままに、この国に長年にわたって仕えていけることを楽しみにしています」と述べた。パラウ氏の息子のアンドリュー・パラウ氏も伝道大会に参加した。ルイス・パラウ協会の報告によると、今回の伝道大会で数千人もの聴衆がイエスキリストを信じると告白するに至ったという。
 
 9千万人の人口を抱えるベトナムにおいてプロテスタントキリスト教徒の割合は0.5パーセント、カトリックの割合は6.7パーセントとなっている。ベトナムでは礼拝する自由は、基本的人権ではなく、特権のひとつと見なされている。ベトナム政府は1990年代になって宗教活動を許可し始めたが、ベトナム政府当局に登録した宗教団体のみ活動が可能とされ、登録許可を受けた宗教団体が政府ガイドラインの枠組みに従って活動を続けてきた。そのような中にあって、1975年にベトナムが共産化して以来、国際的なキリスト教指導者が同国でこれほど大勢の聴衆に向かって福音を伝えられた大会は今回が初めてであり、まさにベトナムキリスト教の歴史に残るイベントとなった。

 ベトナムの主要プロテスタント教会の牧師ホ・タン・コア氏は「パラウ博士をベトナムにお招きでき、大変喜ばしく思っております。パラウ氏は教会に仕え、私たちをすばらしい福音伝道大会に招いてくださるパイオニア的存在です」とパラウ氏を称賛した。パラウ氏は15日-16日にかけて、ベトナム首都ハノイの福音伝道イベントにも招待されている。ベトナム国内教会指導者らは同イベントに関しても政府許可を得ることができるように尽力している。6月には米オレゴン州を拠点とする福音伝道者がベトナムダナン市およびハノイ市で福音伝道大会を開催する予定であるという。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

代々木公園のホームレス伝道「通路チャペル」 ココロケアの働き

「神の御心に歩む道こそ、人生で最善の道」 第55回大阪ケズィック

イスラエル建国記念式典に日本のクリスチャン音楽家約40人が出演へ 決起集会に850人

リバイバルの鍵は「ディボーション」と「分かち合い」 台湾で急成長する12教会を視察

「オリンピックは宣教の好機」 米宣教団体SIMが熊本、宮城に派遣の短期宣教師を募集

hi-b.a. 代表スタッフが語る「次世代への信仰継承」 断食祈祷聖会(1)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(2)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(1)

日本の「キリスト教系」信者は192万人、2019年版『宗教年鑑』発表

YWAM東京の実践的伝道セミナー「ミリオンライツ」(後編)祖父と同じ地で受けた伝道への召命

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース