ロシア正教会最高指導者、同性愛に一部寛容姿勢示す

2009年12月28日20時40分 印刷

【CJC=東京】ロシア正教会の最高指導者、キリル・モスクワ総主教は、教会としては同性愛を罪と見なし反対しているものの、同性愛は個人の問題だ、と声明で明らかにした。総主教は、ゲイとレズビアンが迫害されたり差別されることがあってはならない、と言う。

総主教は、欧州会議(欧州評議会)のソルビョルン・ジャグランド事務総長が12月21日からロシアを訪問した際、23日に会見した。声明はその際に示された。

ロシアでは同性愛が非犯罪化されたのは1993年のことで、今日でもその権利への反対は根強い。

政治家や政府高官の中にも同性愛反対を公言する人がいる。モスクワのユーリ・ルシュコフ市長は、同性愛を「悪魔的」とし、エイズ(後天性免疫不全症候群)を広める、と非難している。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース