ワールド・ビジョンのTシャツ宇宙へ、野口聡一氏の記念品で

2009年12月24日11時21分 印刷
+宇宙飛行士の野口聡一氏(44)
宇宙飛行士の野口聡一氏(44)

キリスト教主義に基づき世界各国で支援活動を行う国際NGO「ワールド・ビジョン・ジャパン」(WVJ)のTシャツが宇宙へ飛びだった。

21日未明(日本時間21日朝)、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられたロシア宇宙船「ソユーズ」に乗り組んだ宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙飛行士、野口聡一氏(44)がWVJのTシャツを公式飛行記念品として依頼し、実現した。

WVJの支援プログラムに参加し、長年にわたって途上国の子どもたちへ支援を行っている野口氏は、「このTシャツと一緒に、途上国の厳しい環境で成長している子どもたちの夢も宇宙に持っていきたいと願っています」と話す。

野口氏ら3人を乗せたソユーズは23日未明(日本時間23日朝)、南米沖の上空約340キロの軌道上で国際宇宙ステーション(ISS)にドッキング。ドッキング約1時間半後にISSに入室した野口氏は、最初の交信でサンタクロースの帽子をかぶった姿を見せ、「ここが新しい家になります」などと語った。3人の娘からは「ドッキングおめでとう」「メリークリスマス」など返答があり、野口氏は来年5月まで、日本人としては最長の約5ヶ月間にわたるISS長期滞在を始める。

WVJは野口氏の帰還後、返還される予定のTシャツを途上国の子どもへ届けたいとしている。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース