広島・福山のホロコースト記念館、ユダヤ人強制居住区をジオラマで再現

2009年10月15日14時41分 印刷

 ナチス・ドイツによるユダヤ人大虐殺(ホロコースト)の悲劇を今に伝えるホロコースト記念館(広島県福山市)はこのほど、ナチスのユダヤ人強制居住区(ゲットー)を再現したジオラマを制作。来月中旬から館内に展示することとなった。地元紙・中国新聞が伝えた。



 ジオラマは2000分の1スケールで縦70センチ・横85センチ。チェコ北部テレジン市のユダヤ人アパートや強制収容所、監視塔などの写真や資料を参考に、スタッフが約2週間かけて制作した。ゲットーで描かれた子どもの絵のコピーなどと一緒に展示される予定。



 テレジンのゲットーには1941年から5年間で延べ約14万人のユダヤ人が移住を強いられ、他の強制収容所に送られるなどして、生存者はわずか100人程度だったという。



 同記念館は聖イエス会牧師の大塚信館長が1995年7月、「アンネの日記」で知られるアンネ・フランクの父・オットー氏との親交をきっかけに開設。07年10月には新館が建てられ、今年8月には開館から約14年2カ月で入館者10万人を達成した。



 同記念館では、虐殺されたユダヤ人の遺品が展示されているほか、ナチスの目を避けてアンネが過ごした「隠れ家」も再現されている。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


の最新記事 の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース