関西四大学学長が共同声明、薬物乱用防止で

2009年3月10日23時50分 印刷
+

 関西学院大学、同志社大学、関西大学、立命館大学の関西地域の4つの大学の学長は共同で7日、大麻事件による大学生の逮捕者が近年増加している事態を受けて、薬物乱用防止に関する声明を発表した。今後、4大学が共同で薬物乱用防止に向けた意識調査や、一連の啓発プログラムなどの対策に乗り出すとしている。



 声明は、関西学院大学・西宮上ケ原キャンパスで行われた記者会見で発表。学長らは声明で、近年増える若者による大麻等薬物の所持や使用、売買について「深い憂慮と強い危機感」を示すとともに、「健康で充実したキャンパスライフを学生に保障するとともに、安心・安全な社会を実現することが大学として果たすべき責務」だと訴え、学生、教職員に対して恒常的、継続的、組織的な啓発活動を行っていくとした。



 4大学ではこれまで、関西大学の男子学生ら2人が学内で大麻を密売したとして有罪が確定しており、同志社大学でも女子学生が大麻所持で有罪の判決を受けている。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

の最新記事 の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング