NCC、正平協など加盟の連絡会議、学術会議任命拒否めぐり首相に要望書

2020年11月18日16時48分 印刷

日本キリスト教協議会(NCC)や日本カトリック正義と平和協議会、日本YWCAなどが加盟する「国際人権規約完全実施促進連絡会議」は17日、菅義偉首相が日本学術会議の新規会員候補105人中6人を任命しなかったことについて、6人の任命と、任命を拒否した理由を明らかにするよう求める要望書を送付した。

要望書は、6人の任命拒否について「日本学術会議の社会的使命を阻害し、『学問の自由』への侵害であるとともに、民主主義の根幹をも危機にさらしかねないもの」と批判。すでに500以上の学術団体から、任命拒否の理由説明と6人の任命を求める要望書や声明が発表されていると指摘した。

また、1983年に参議院文教委員会で行われた中曽根康弘元首相の答弁や、同年に内閣法制局が作成した議事録内に収められた「日本学術会議関係想定問答」などの内容から、首相には同会議の指揮監督権はなく、首相による任命は形式的なものにすぎないことを主張している。

要望書は、キリスト教系の3団体に加え、国連NGO国内女性委員会、婦人国際平和自由連盟日本支部、日本汎太平洋東南アジア婦人協会、自由人権協会、女性参政権を活かす会の5団体を含めた計8団体が賛同する形で送られた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース