聖路加国際病院チャプレンからセクハラ、被害女性が提訴 2日に記者会見

2020年11月1日18時42分 印刷

聖路加(せいるか)国際病院で当時チャプレン(病院専任聖職者)をしていた男性牧師からセクシャルハラスメントを受けたとして、同病院で難病の治療を受けていた女性が1日、牧師と同病院を運営する聖路加国際大学を相手取り、約1160万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。2日には記者会見を開き、原告や支援者らが事件について説明する。

訴状によると、牧師は2017年5月8日、同病院内の牧師控室で、当時スピリチュアルケアを担当していた患者の女性に対し、性的なマッサージを強要。さらに5月22日には、同じく同病院内にあるプライベートルームで性的なマッサージを強要したほか、女性に抱き付き胸を触るなどしたとされている。

女性は18年1月、警視庁に被害届を提出。牧師は同年9月に強制わいせつ容疑で書類送検されたが、東京地検は12月、不起訴処分としていた。しかし訴状によると、牧師は警察の捜査に対し、女性の胸を触るなどしたことは認める趣旨の供述をしており、その報告書も作成されているという。

女性は事件後、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症。牧師が責任を認めず、女性が「同意していた」などと主張しているとし、その不誠実な対応に苦しめ続けられていると訴えている。また被害を訴えて以降、同病院からも誠実な対応が得られず、治療からも排除されたとして、被害がさらに増大したとしている。

記者会見は2日午後1時から東京高裁・地裁内の司法記者クラブで、同日午後3時から厚生労働省記者会で行われる。

続報:「キリスト教界の課題として認識を」 聖路加チャプレンから性被害 元患者の女性が会見

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース