米黒人死亡事件、警官がデモ隊と共に祈る 「これまで以上の祈りが必要」

2020年6月4日23時55分 印刷
関連タグ:アメリカ
+米黒人死亡事件、警官がデモ隊と共に祈る 「これまで以上の祈りが必要」
ニューヨークの警官たちと共に祈るガレリー・K・ソロモン牧師(紫色のスカーフの男性)とエクセリング教会の信徒たち(写真:Dr. Te Bassett)

米ミネソタ州で黒人男性が白人警官に首を押さえ付けられ死亡した事件を発端に、全米各地で抗議活動が行われる中、ニューヨークのクイーンズでは5月31日、警官がデモ参加者たちと共に片膝をついて祈る光景が見られた。抗議デモは暴動や略奪が大きく報じられているが、大部分は平和的に行われている。

フロリダ州マイアミデイド郡でも30日、警官がマイアミ付近のコーラルゲーブルズでデモ参加者たちと共にひざまずき、祈りをささげた。「このことは、正しい方向に向かう第一歩でした。感動的な瞬間でした」と、マイアミデイド郡警察の広報担当者はNBC(英語)に語った。

夫と共にソース教会(同州ブレーデントン)の牧師を務めるジョアン・ホーネさんはフェイスブック(英語)で、警官たちの祈りを前にして、デモ参加者たちが感動の涙を流したことを説明した。

「マイアミのデモ参加者たちが警官たちに近付くと、警官たちはひざまずいて、警察には改善が必要だと言いました。するとデモ参加者たちは、涙を流して共に祈り始めました。和解は美しいものです。より多くの和解が求められます。悪意による敵の仕業を、神様は益に変えてくださいます。しかし、そうなるためには、へりくだりと祈りと悔い改めがなければなりません」

米黒人死亡事件、警官がデモ隊と共に祈る 「これまで以上の祈りが必要」
デモ参加者の前で片膝をついて祈る警官たち(左上、下)と、涙を流しながら警官とハグするデモ参加者(右上)(写真:ジョアン・ホーネさんのフェイスブックより)

カリフォルニア州サンタクルーズでも、同様の光景が見られた。地元警察は「(この行為の目的は)黒人に対する警察の暴力に意識を向けることです」と述べた。

ルイジアナ州バトンルージュでは、マーフィー・ポール警察署長が教会の徹夜祈祷会に参加し、あらゆる人種の市民と連帯を示した。ポール氏は地元テレビ局WAFB(英語)の取材に応じ、「このような事件が起きたからには、これまで以上の祈りが必要です」と語った。

「私たちは地域住民のために祈り続けています。市民は心を痛めています。警察はそれを理解し、認識しています。私も認識しています。耳を傾けることが大切です。米国で起きていることに積極的に耳を傾け、自分自身と警察当局に目を向け、このような事件を起こさないためにどうすればよいか、自問することが重要です」

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。
関連タグ:アメリカ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース