東神大、新型コロナで卒業礼拝・卒業式中止 TCUは参列制限などで対応

2020年2月27日20時26分 印刷
+東京神学大学

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京神学大学(芳賀力〔はが・つとむ〕学長、東京都三鷹市)は27日、3月5日の卒業礼拝、6日の卒業式を中止すると発表した。代わりに、一般参列者のない形で、卒業生、学校法人常務理事、教員による学位授与式を行うという。

東京基督教大学(TCU、山口陽一学長、千葉県印西市)も27日、3月6日の卒業礼拝についての対応を発表。参列者を学内関係者と卒業生の親族のみに制限した上で、賛美を奏楽のみにしたり、卒業生と学長の握手や祝辞、各種あいさつを削ったりするなど、最低限のプログラムに変更することで対応する。

TCUの卒業礼拝には、例年300~400人が参列しているという。規模の大きな集会は、新型コロナウイルスの感染拡大の原因になる懸念があるとし、参列する卒業生の親族に対しても、多人数にならないよう呼び掛けた上で、マスクの準備・着用、出席者把握のための受け付け時の記名などを求めている。

TCUはこのほか、2月29日の「ケアチャーチセミナー」、3月11~23日の「イスラエルスタディーツアー」について中止を決めている。

また両大とも、入試に関する対応も発表している。新型コロナウイルスの感染症が指定感染症に指定され、学校保健安全法施行規則の定める第1種感染症とみなされることになったことから、治癒していない感染者は受験できない。東神大はその場合、入学検定料の返還には応じられず、追試などの特別措置は予定していないとしている。TCUも追試などの特別措置は予定していないが、状況を確認の上、個別に対応するとしている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
※4月7日午前8時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 3,906
(+252)
1,206,590
(+76,815)
死者数 80
(+7)
67,510
(+4,807)
回復者数 592
(+8)
274,689
(+17,234)
<出典> 日本:厚労省、世界:WHOJohn Hopkins CSSE

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース