本田路津子さん、デビュー50周年 4月に記念コンサート

2020年2月6日14時58分 印刷
+本田路津子さん、デビュー50周年 4月に記念コンサート

ゴスペルシンガー・本田路津子(るつこ)さんのデビュー50周年を記念するコンサートが、4月17日に東京の「なかのZERO」で開催される。NHKの紅白歌合戦に出場した際に歌った「ひとりの手」「耳を澄ましてごらん」をはじめとするフォークソングメドレーのほか、賛美歌やゴスペル曲を交えて全14曲を歌う。

本田さんは1970年、ハルミラフォークコンテスト(ニッポン放送・テレビ東京主催)で優勝し、「秋でもないのに」でプロ歌手デビュー。翌年71年、反戦や人種差別撤廃を訴えたヒット曲「ひとりの手」で紅白初出場。72年には、NHKの朝の連続テレビ小説「藍よりも青く」で主題歌「耳をすましてごらん」を歌い、同曲で2度目の紅白出場を果たした。

5年間の歌手生活の後、結婚し渡米。米国での12年にわたる生活を終え、88年帰国。その後はゴスペルシンガーとして、教会や学校、病院、福祉施設などでコンサート活動を続けている。昨年にはデビュー50周年を記念して、15年ぶり10枚目となるアルバム「聖なる主 Boundless Grace」をリリースした。

コンサートの主催は、いのちのことば社(ライフ・クリエイション)。今年創立70周年を迎える同社の特別企画。

なかのZERO(東京都中野区中野2ー9ー7)大ホールで、4月17日(金)午後5時開場、同6時開演。全席自由。料金は税込みで、一般3800円、シニア(60歳以上)3500円。チケットは、なかのZEROのチケットセンター(電話:03・3382・9990)またはオンラインチケットイープラスで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

人気記事ランキング

コラム

主要ニュース