トリノの聖骸布、今年12月に一般公開 5年ぶり

2020年2月3日15時37分 印刷
+トリノの聖骸布、5年ぶりに公開 すでに100万人が申し込み
聖骸布博物館(イタリア・トリノ)に展示されている聖骸布のレプリカ(写真:Greg Sass)

イエス・キリストの遺体を包んだと信じられている「トリノの聖骸布(せいがいふ)」が今年12月、イタリアで一般公開される。聖骸布の公開は2015年以来、5年ぶり。バチカン(ローマ教皇庁)公営のバチカン・ニュース(英語)が伝えた。

聖骸布は、超教派の男子修道会「テゼ共同体」がイタリア北部の都市トリノで、2020年12月28日~21年1月1日に欧州青年大会を開催するのに合わせて公開される。昨年末にポーランドで開催された同大会でトリノが次期開催地として選ばれたことで、トリノのチェザレ・ノシリア大司教が発表した。

前回公開されたのは15年4月19日~6月24日の約2カ月間で、ローマ教皇フランシスコも訪れた。またその前の10年に公開された際には、当時教皇だった先代のベネディクト16世も訪問している。

聖骸布は縦4・36メートル、横1・1メートルの亜麻布。カトリック教会で最も神聖視されるキリストの受難に関わる聖遺物の一つと数えられている。しかし、キリストの遺体を包んだ布だと信じられている一方、その真偽については多くの議論があり、カトリック教会としては真偽について公式な見解は出していない。

聖骸布のバチカン公認のレプリカは15年、日本のカトリック夙川(しゅくがわ)教会(兵庫県西宮市)で公開されたことがある。公開時には、半世紀以上にわたって聖骸布を研究してきたガエタノ・コンプリ神父が講演し、その歴史と概要を解説した。(関連記事:イエスを包んだ亜麻布!? 教会でバチカン公認「トリノの聖骸布」レプリカ公開 聖骸布研究65年の神父が講演

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース