2019年に最も人気のあった聖句

2019年12月31日14時55分 印刷
2019年に最も人気のあった聖句は?
(写真:StockSnap)

世界で最も利用されている無料の聖書アプリ「YouVersion(ユーバージョン)」が、2019年に最も人気のあった聖句(英語)を発表した。

今年で公開11周年を迎えたユーバージョンは、この1年で新たに5千万ダウンロードされ、合計ダウンロード数は4億を超えた。その「世界最大」の聖書アプリで2019年、最も多くシェアされ、ブックマークされ、ハイライトされた聖句は、新約聖書のフィリピの信徒への手紙(ピリピ人への手紙)4章6節だった。主な日本語訳聖書では次のように訳されている。

何事も思い煩ってはなりません。どんな場合にも、感謝を込めて祈りと願いを献(ささ)げ、求めているものを神に打ち明けなさい。(聖書協会共同訳)

何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。(新改訳2017、新改訳第3版)

どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。(新共同訳)

何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。(口語訳)

また、2019年にユーバージョン上で読まれた聖書の章数は3560億章で、オーディオ聖書で聴かれた560億章を合わせると、4120億章に上った。この他、シェアされた聖句は4億7800節、ハイライトやブックマークをされたり、メモ書きをされたりした聖句は20億箇所に上った。

ユーバージョンには聖句入りのイメージを作成する機能もあり、日本語では「何よりもまず、互いの愛を熱く保ちなさい。愛は多くの罪をおおうものである」(ペテロ一4:8)が入ったイメージが最も多くシェアされた。

2019年に最も人気のあった聖句
日本語の聖句入りで最も人気のあったイメージ

提供する聖書の言語や訳数も増えた。2008年の公開時、ユーバージョンで提供されていた聖書は2言語15訳のみだったが、この11年間で1343言語2013訳(オーディオ聖書417言語527訳を含む)にまで増えた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース