【新刊案内】うつ病をクリスチャン精神科医が霊的観点からも解説 グラント・マレン著『こころの解放』

2019年10月1日14時42分 印刷
関連タグ:うつ病
+【新刊案内】うつ病をクリスチャン精神科医が霊的観点からも解説 グラント・マレン著『こころの解放』
グラント・マレン著『こころの解放』(イーグレープ、2019年9月)

目に見えず複雑な動きをする心が、いかに生活に大きな影響を及ぼしているのか、医療的観点だけでなく、霊的観点からも解説したカナダの精神科医グラント・マレン氏の著書『Emotionally Free』が9月、『こころの解放』として邦訳出版された。10月5日からは、著者のマレン氏を迎え、東京、札幌など全国5カ所で講演会「ディスカバー・ジョイセミナー」(国際NGOオペレーション・ブレッシング・ジャパン主催、エリヤハウス・ジャパン協賛、イーグレープ後援)が行われる。

マレン氏は、精神衛生を専門とするカナダ・オンタリオ州在住のクリスチャン医師。心の苦悩を抱える多くのクリスチャンに寄り添ってきた経験から、うつ病などの気分障害や不安障害に関する医学的治療と霊的な解放、心の傷の癒やしについて、国内外で講演活動を行っている。

本書刊行に当たり、21世紀キリスト教会(東京都渋谷区)でカウンセラーとして奉仕するヘブンズ・ジョイ・ミニストリー主催の高井理子(みちこ)さんが、推薦文を寄せている。

精神衛生の専門医であるグラント・マレン医師の書かれた『こころの解放』は、解放について書かれた本の中でも、特に傑出した一冊だと感じます。肉体・精神・心が健康であることの大切さが身に沁(し)みて迫ってきます。医師としての豊富な臨床例と自らが通られた苦難の体験を赤裸々に語ってくださるこの本は、日々チャレンジを受けて生きている私たちにとっての大きな励ましになるはずです。教会でカウンセラーとして仕えている私には、マレン医師の提案は新しい発見の連続で、さまざまな悩みを抱えて来られる方たちにすぐにでもお伝えしたい情報が満載です。人の思いをはるかに超えた神様の優しさと癒やしをお伝えしていくための必読書として、繰り返し読み実践していくための良書『こころの解放』をお勧め致します。

■ グラント・マレン氏のインタビュー映像

■ グラント・マレン著『こころの解放』(イーグレープ、2019年9月)

■ 関連記事:『こころの解放』邦訳出版記念ディスカバー・ジョイセミナー 東京、札幌など全国5カ所で10月5〜19日

関連タグ:うつ病

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

書籍の最新記事 書籍の記事一覧ページ

2020年米大統領選を占う必携の一冊! 日経上級論説委員による『アメリカ大統領選 勝負の分かれ目』

神学書を読む(58)現代の米国における「福音派」を多方面から考察する決定的な一冊 『Evangelicals』

神学書を読む(57)『悪について誰もが知るべき10の事実』

『女のキリスト教史』 「#MeToo」運動と一線を画す「もう一つのフェミニズム」の系譜

『世界一ゆるい聖書教室』 フォロワー10万人超の人気ツイッターから生まれたシリーズ第2弾

モーリヤック著『イエスの生涯』 ノーベル文学賞受賞のカトリック作家が描く異色のイエス伝

私の語学学習経験と『古典ギリシア語入門』 CD付きの画期的な入門書

神学書を読む(56)「令和」となった今こそ振り返るべき日本の宗教 『日本人は本当に無宗教なのか』

神学書を読む(55)『福音派とは何か?』(後編・クリスチャンから見た本書)

神学書を読む(55)『福音派とは何か?』(前編・クリスチャンでない人から見た本書)

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース