ニコライ堂の大聖堂教会事務所、台風15号で屋根飛ぶ 当面は拝観中止

2019年9月10日11時40分 印刷
+ニコライ堂の大聖堂教会事務所、台風15号で屋根飛ぶ 当面は拝観中止
9日未明から明け方にかけて関東を襲った台風15号により、屋根が吹き飛ばされてしまった東京復活大聖堂(ニコライ堂)の大聖堂教会事務所(左前)=10日午前、東京都千代田区で

「ニコライ堂」の名で親しまれている東京復活大聖堂(東京都千代田区)で、隣接する大聖堂教会事務所が、9日未明から明け方にかけて関東を襲った台風15号により、屋根を丸ごと飛ばされる被害に遭った。教会事務所は大聖堂の敷地入り口付近にあり、飛ばされた屋根がちょうど入り口付近をふさいでしまった。

大聖堂では公祈祷(礼拝)の時間以外にも、聖堂拝観(見学)を受け付けているが、当面の間、拝観は中止するという。10日午前も入り口付近には、「本日の聖堂拝観は中止とさせて頂きます」と書かれた紙が張り出されていた。

関係者によると、大聖堂の敷地内では他にも台風による被害が出たが、教会事務所が最も大きな被害を受けた。教会事務所は現在、電話などもつながらない状態だという。

台風15号は、9日午前3時前に神奈川県の三浦半島付近を通過し、午前5時前に千葉市付近に上陸。関東を中心に9日未明から明け方にかけ、記録的な暴風が吹き荒れた。東京都世田谷区では、強風にあおられ頭を打ったとみられる50代の女性が死亡。この他、千葉県で80代の男性が、神奈川県で40代の男性が亡くなった。けが人は9日夜までに、50人以上に上った。

ニコライ堂の大聖堂教会事務所、台風15号で屋根飛ぶ 当面は拝観中止
飛ばされた屋根が、ひっくり返った形で敷地入り口付近をふさいでしまっている=同上

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース