大住雄一・東京神学大学学長が急逝、64歳 くも膜下出血で

2019年9月5日17時26分 印刷

東京神学大学の大住雄一(おおすみ・ゆういち)学長が5日午後3時4分、死去した。64歳だった。関係者によると、4日にくも膜下出血で倒れ、意識不明の状態が続いていたという。葬儀は9日正午~午後3時、東京都三鷹市大沢3-10-30の同大礼拝堂で行われる。喪主は妻の真理さん。

1955年東京生まれ。79年東京大学法学部卒業、同年東京神学大学神学部に編入学し、83年同大学神学研究科博士課程前期課程修了。その後、西ドイツのベーテル神学校に留学し、神学博士号を取得。日本基督教団大宮教会、同用賀教会などで牧会に当たった。東京神学大学では90年から教鞭を執り、常勤講師、助教授、教授を経て、2017年から学長を務めていた。

著書に『聖書 神の言葉をどのように聴くのか』(日本キリスト教団出版局)、『神のみ前に立って―十戒の心』(教文館)、共著に『言葉の働く場所』(東信堂)、訳書にF・クリュゼマン、U・タイスマン編『キリスト教とユダヤ教―キリスト教信仰のユダヤ的ルーツ』(教文館)、F・クリュゼマン著『自由の擁護―社会史の視点から見た十戒の主題』(新教出版社)など。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース