横浜英和小学校が青山学院大学の系属校に 中高に続き来年4月から

2019年6月17日14時46分 印刷
+横浜英和小学校が青山学院大学の系属校に、中高に続き来年4月から
調印式に参加した青山学院と横浜英和学院の関係者=3日、青山学院本部礼拝堂(東京都渋谷区)で(写真:青山学院提供)

学校法人青山学院(堀田宣彌〔のぶみつ〕理事長)と学校法人横浜英和学院(山根誠之〔せいし〕理事長)は3日、横浜英和学院が設置する横浜英和小学校が、青山学院が設置する青山学院大学の「系属校」となる協定を締結した。両学院は2014年にも、横浜英和女学院中学・高校が同大の系属校となる協定を締結。16年から系属校化され青山学院横浜英和中学・高校と改称し、18年からは共学化している。

両学院は共に、米国から来たメソジスト派(プロテスタント)の宣教師によって設立され、キリスト教信仰に基づく教育方針を掲げている。青山学院の本部礼拝堂で同日行われた調印式では、両学院の理事長や院長らがあいさつをし、祈りをささげた。

系属校化は来年4月1日からで、名称は「青山学院横浜英和小学校」(仮称)に変更される。運営する学校法人は横浜英和学院のままで、校訓や校章、校歌も現状を維持する。系属校化することで、在籍児童が青山学院横浜英和中学・高校を卒業後、青山学院大への進学を希望した場合、同大が別に定める条件を満たせば、全員が同大へ進学可能となる。

青山学院はこの他、昨年には、学校法人浦和ルーテル学院が設置する浦和ルーテル学院小学校、中学校、高校について、青山学院大の系属校となる協定を同様に締結している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース