浦和ルーテル学院の小中高、青山学院大の系属校に 協定締結

2018年8月6日19時15分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+浦和ルーテル学院の小中高、青山学院大の系属校に 協定締結
系属校協定を締結した青山学院大学の三木義一学長(左)と、浦和ルーテル学院小学校、中学校、高校の福島宏政校長=7月18日、浦和ルーテル学院(さいたま市)の礼拝堂で(青山学院大提供)
- 広告 -

学校法人青山学院(堀田宣彌=ほった・のぶみつ=理事長)と学校法人浦和ルーテル学院(東海林=しょうじ=敏雄理事長)は7月18日、浦和ルーテル学院の設置校である浦和ルーテル学院小学校、中学校、高校(いずれも福島宏政校長)が、青山学院の設置校である青山学院大学(三木義一学長)の「系属校」となる協定を締結した。いずれもキリスト教信仰に基づく学校で、互いの建学の精神を尊重しつつ、双方のさらなる発展を目指す。

浦和ルーテル学院の各校は系属校になったことで、在籍生徒が青山学院大への入学を希望する場合、募集定員の上限を超えない募集枠内で進学基準を満たす者に限り、「系属校推薦入学」として進学できるようになる。同推薦入学は2031年4月1日から始まり、19年度に浦和ルーテル学院小学校に入学し、30年度に同高校を卒業する者から対象となる。浦和ルーテル学院は、希望者の全入を目指すとしている。

なお、系属校推薦入学が正式に開始する前も、経過措置として、20年度入試から30年度入試までは、一定の募集枠内で、進学基準を満たす者について同大に入学可能だという。

系属校となったことで、浦和ルーテル学院の各校は名称に「青山学院大学系属」が付される。一方、学校の経営は従来通り、浦和ルーテル学院の設置校として管理・運営され、所在地の変更などはない。

青山学院大は14年には、学校法人横浜英和学院の設置校である青山学院横浜英和中学・高校(当時・横浜英和女学院中学・高校、18年から共学化)と系属校協定を締結している。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング