子育てパパのキリスト教ひとり言(20)難解な聖書箇所

2019年2月19日12時05分 コラムニスト : 箕輪勇気 印刷
+子育てパパのキリスト教ひとり言(20)難解な聖書箇所
(写真:Riala)

聖書の無誤性論争でも起こり得ることだが、無理に聖書を解釈しようとする人がいる。

しかし「聖書の預言はすべて、自分勝手に解釈すべきでないことを、まず第一に知るべきである」(2ペテロ1:20、口語訳)とあるように、聖書は自分勝手に解釈すべきではない。だが、聖書に意味がはっきりと分からない箇所があるのは事実である。

では、そのような場合はどうすべきであろうか。

これは、ラジオと雑音の関係に例えられる。みなさんはラジオを聴いたことがあるであろうか。ラジオは各放送局の番組を聴きたいとき、各局の周波数に合わせることで聴くことができる。

私はよく車に備え付けのラジオを聴くが、車の型が古いのかよく雑音が入る。ラジオは受信感度が悪いと、雑音が入ってしまうのである。

しかしいくら雑音があるといっても、番組の内容がまったく分からないというほど悪いわけではない。少し聴きづらいが、何を言っているのかは理解できる。

これと同じで、聖書にも「よく理解できない箇所」という雑音がある。しかしそれが分からないからといって、聖書全体を理解できないほどではない。

聖書は、私たちを間違いなく主イエス・キリストの元に導く書物である。

<聖書のみことば>

「聖書はあなたに知恵を与えてキリスト・イエスに対する信仰による救いを受けさせることができるのです」(2テモテ3:15)

<<前回へ

箕輪勇気(みのわ・ゆうき)

1981年名古屋市生まれ。2002年受洗。05年から4年間、神学校(信徒向けコース)で学び、現在は社会人として働きながら妻と共に一般信徒として教会に仕える。2児の父。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング