百人一読シーズン2―偉人と聖書の出会いから―(4)ウォルター・スコット 篠原元

2018年9月18日11時35分 コラムニスト : 篠原元 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:篠原元
+百人一読―偉人と聖書の出会いから(4)ウォルター・スコット 篠原元
ウォルター・スコット(1771~1832)
- 広告 -

今日は、前回予告させていただいたように、皆さんへの質問から始めさせていただきます。用意した質問は2つです。

まず、第一問です。あなたはある日、ATMコーナーで並んでいました。目の前には見知らぬ男性が・・・。しばらくすると、その男性がATMの前を離れて、去ります。ついに、あなたの番です。

さて、機械に近づくと、何と現金が手つかずで、置きぱっなしに。はい、ここで質問です。あなたなら、どうしますか?選択肢は2つでしょうね。

1)すぐに振り返って、さっきの男性に「あっ。お金、忘れてますよ」と伝える。2)何もないごとく振る舞って、黙っている。帰り際、あの現金をあたかも自分のモノであるかのように、鞄にしまってATMコーナーを出る。

はい、どちらでしょうか?自分のものではない現金に対する対応、選択を問われるこの質問によって、皆さん自身がどういう人間なのか、自分でチェックできるわけですね。もしかしたら、「えーっ!俺って、こんな人間なんだ。いかんだろ、こんなこと考えたら」と思われる方もいるはずです。

(これは、篠原がつい最近目撃した出来事から作った質問です。篠原のそばにいたラーメン店の女性は、自分の番になって機械の前に立つなりすぐに、なぜか現金を忘れてATMコーナーを離れようとしていた男性に声を掛けていました。良いおばさんです)

はい、第一問は終わりました。第二問目があります。こっちがメインです。男性(皆さんは男性ですが、女性であり、しかも、その当事者の立場だったらどうするかと仮想してくださいね)と女性の皆さん。嫌な質問内容かもしれませんが、ご一緒ください。

あなたは女子高生です。あなたは新1年生です。憧れの高校に入学し、素敵な日々が始まる予感がしています。ピカピカの制服を着て、期待に胸はワクワク、桜舞う坂道をゆっくり歩きながら登校します。

あなたは、念願の「美術部」に入部します。顧問の先生は優しい美人、先輩たちは実力もあるし面白い人たち。一緒に入った同学年も良い子たちばっかりのようです。毎日、部室で楽しい時間を過ごしています。充実した、期待通り、いやそれ以上の高校ライフです。

絵を描くのが好きなあなたにとって、まさにこれ以上ない時間が過ぎていきます。そんなある日、急に、美術部に新入(あなたと同じく1年女子。クラスは別)が入部してきます。先生が、部員たちを集めて、彼女を紹介します。

丸顔でかわいらしい彼女は、ハキハキとユーモアセンスたっぷりに自己紹介。周囲の先輩たちや1年生部員、皆が彼女に興味津々で、彼女は一躍注目の的です。

でも、あなただけはずっと部室の床を直視しています。顔を上げることができません。呼吸が荒くなりかけています。今、誰かに話し掛けられたら、いつも通りには絶対に答えられないと思います。

そうです。あなたは気が付いてしまったのです。自己紹介する彼女の名前を聞いて・・・。そう、目の前にいる誰にでも笑顔を振りまくような八方美人的女は、「あのとんでもない男、あいつの娘なんだ!」と。

あいつです。忘れもしないあの憎い男です。あなたが、まだ小学生だった頃、あなたにいたずらをした(言うならばレイプです)あの男です。

部室の中、周囲はかわいい新入り部員を歓迎し、盛り上がっています。でも、あなたは気が狂いそうです。もう逃げ出したい。今にも、あの日のことがフラッシュバックして襲ってきそうです。

あなたは、隣にいる同級生部員には気付かれないように、顔を上げ、あの新入り部員を睨みつけます。「あいつの娘。あいつの娘なんだ。あの女は!」。どす黒いような感情があなたの中に渦巻き出します。

はい、ここで質問です。皆さんならどうしますか?すぐに考え直して、「親父は親父。彼女は彼女。娘である彼女は、関係ないんだから」と言って、割り切って考えて、彼女と普通に仲良くなりますか?

それとも、いじめる?絶対に話さない。彼女が声を掛けてきても100パーセント無視する。裏では、悪口を言いまくります?もしくは、冷酷な最終手段に打って出ますか?

わざと最初は親切にしてあげる。新入りの彼女に声を掛けてあげ、いろいろ教えてあげる。そして、仲良くなっておいて、今だというタイミングで放課後の教室にある日呼び出す。笑顔で「いいこと教えてあげるね。親友のあなただけだから。2人だけの秘密にしてね♪」と切り出して、すぐに黙る。

不審がって声を出そうとする彼女。そこで、今まで向けたことがなかったような最高に冷酷な視線を向け、死刑判決のような一言、「実はね、あんたのお父さんを知ってるんだ。あんたのお父さんはね、私がまだ小学生の頃・・・何も分からない私をレイプしたんだよ!!」といきますか?

はい、実はこれ、ある小説の中で主人公が味わう究極の苦しみ、悶(もだ)え、葛藤なんです。『雪のアルバム』(三浦綾子著)の中で、主人公の浜野清美は、大きな苦しみに遭い、言いようもない葛藤を味わいます。

彼女は小学生の頃、家によく出入りしていて、信用し切っていた男性から犯されてしまいます。大きな肉体的な傷、心の傷を負いながらも成長し、彼女は高校生になります。そして、美術部に入るわけですね。

ある日、同学年の女の子が入部してくるわけです。その子は、自己紹介で「加奈崎野理子」と名乗ります。その時、清美は気付いてしまいます。目の前の「ノリコ」という同学年の女の、住所、そして姓。間違いない。あの加奈崎盛夫の娘です。

それからの清美は、大変です。加奈崎野理子の存在ゆえに苦しみ出します。葛藤の日々、暗黒の高校生活に突き落とされます。

野理子の顔を見るのが嫌です。野理子を暗い世界へいかに落としてやろうかと考えるような、暗い暗黒の世界に清美自身が落ちていくのです。そのうち、大好きだった絵がキレイに描けなくなります。

その上、先輩からは「絵が汚くなった」というようなことを、ズバッと言われてしまう。でも、誰にも自分の生い立ちや葛藤は打ち明けられない。清美は苦しみます。そして、清美が最後にとった方法、手段とは・・・。

詳しくは、『雪のアルバム』を読んでみてください。名著中の名著です。

最終的に、清美がどのように決断し、野理子に向かっていくかはさておき、男性&女性の皆さん、あなたならどうしますか?

選択肢を4つにしてみます。

1)「彼女が悪いわけじゃないんだから」と考えて、すぐに彼女に近づき、普通に同級生として仲良くなる。(おそらく、こんな人いないでしょうね)

2)赦(ゆる)そうと努力する。顔を見たくないし、近づきたくもない。自然と体が彼女を避けてしまう。それでも、心の中では「赦そう。赦してあげよう」と自分をいさめて、彼女と仲良くなれるように努力し続ける。

3)何も言わずに、とにかく無視する。声を掛けないし、返事もしない。彼女のいない所では、彼女の悪口を言いまくる。いじめて、あいつとあいつの娘に復讐する。

4)究極の復讐計画に打って出る。最初は声を掛け、親切にしてあげて、仲良くなる。そして頃合いを見て、「ねぇ。あなたのお父さん、〇〇という名前でしょ。・・・やっぱり。実はね、私、あなたのお父さんのことをよく知ってるの。だって、あなたのお父さんは、私が小学生の頃、私のことを・・・レイプしたのよ!そう、お前は強姦魔の娘なんだよー!」と暴露する。

「えっ?なんで犯された時点で親に言うなり、警察に行かなかったの?私(俺)なら、犯された時点でそうする」と言わないでくださいね。清美には清美なりの事情があります。「そいつに犯された事実を学校中に触れ回り、彼女は強姦犯の娘なんだと言い広めて、彼女が登校できないような環境にしてやればいいじゃん。そうなるでしょ」も無しです。

自分が犯された当の本人です。自分は犯されたという過去の事実が親友や同級生、先輩、先生たちに知れ渡り、そういう目で見られるようになるかもしれません。しかも、本当に大事な男友達にも知られてしまうのです。この方法は、当の本人なら絶対無理なはずです。

皆さんは、1から4、どれを選びましたか?人間的に考えて、「当然、復讐するね」と思われる方が多いはずです。1や2を選択する、選択できる人は少ないはずです。

でも、ここで大事なことなのですが、キリストの神様は一貫して「復讐してはいけない!」と命じておられるお方なんです。「はぁぁぁー!?あり得ないっ!」と思われるかもしれません。「復讐すんな?オレの受けた傷はどうなるんだよ!アイツらは、そのまんまでいいのかよ?」と思われる方もいるでしょう。

でも、ありがたいのは、キリストの神様はこうも教えてくださっているわけです。「わたしが復讐してやるよ。復讐は、お前がしないでいいよ。わたしがちゃんと復讐してやるよ」 。皆さん。キリストの神様はそのようなお方です。

キリストの神様は、皆さんを今も愛していて、正義をなしてくださり、不正を憎まれ、公平をなされるお方なわけです。ナヨナヨとした弱ったらしいお方ではありません。十字架にかかりっぱなしで、苦しみ続けているお方でもありません。

「復讐するな!」とハッキリ宣言されるお方であり、そして、「復讐は、わたしのすることだ」とも言ってくださる力強い公正で義なるお方です。

キリストの神様が、どう命じておられて、どのようなお方なのか分かっていただいた上で、終わりに向けて一気にいきますね。ここからは、人間関係の話です。

皆さん。兄弟関係、姉妹関係ってめちゃくちゃ難しくないですか?一人っ子の方には分かってもらえないと思いますけどね。一人っ子の皆さんは、「あぁ。弟か妹、ほしいなぁ」と思ってこられたでしょうし、今もそう思っているかもしれません。でも、いろいろ大変ですよ!

それから、親子関係も難しいですよね。「親の心子知らず」といいます。また、夫婦関係も難しいものであるはずです。篠原は、まだ結婚はしていないですけど、もう分かってます。

まぁ、とにかく言えることは、人間関係は難しいものですが、何より家族関係は特に難しいってことですね。おそらく、兄と弟、姉と妹、これらの関係なんてかなり難しいんじゃないですかね。

映画「ジオストーム」(2017年に米国で公開。ジェラルド・バトラーさん主演)では、兄と弟の難しい関係が描かれていますよ。邦画である「犬猿」(2018年2月公開。窪田正孝さん、新井浩文さん、江上敬子さん、筧美和子さん出演)では、相性が最悪の兄弟1組、姉妹1組が出てきます。

「ジオストーム」の方では、兄弟の絆が回復し、仲直りして幸せなハッピーエンドですが、「犬猿」の方は、最後まで兄弟1組&姉妹1組は犬猿状態です(あれ、仲良くなったかなぁと思わせるのに・・・)。

とにかく、姉(妹)との関係って難しくないですか?また、兄(弟)との関係って、かなりややこしくないですか?あと、父(母)との関係、息子(娘)との関係、奥さん(旦那さん)との関係、姑(しゅうと)との非常に難しい関係・・・。

でも、「難しい、難しい」と悲観的にするのが百人一読ではありませんし、愚痴サイトでもありません。話の方向性はちゃんと変えます。

映画「羊と鋼の森」(2018年6月公開。山崎賢人さん主演)を見られた方はどれくらいいるでしょうか?この映画の中でピアニスト姉妹が出てきます。佐倉和音&由仁姉妹(双子)です。

実際に、本当の姉妹である上白石萌音さん(和音役)&上白石萌歌さん(由仁役)が演じるわけですけど、高校生ピアニストの2人は、性格も違うし、生き方も違う。そして、姉妹たちはすれ違うわけですね。

最後の方で、姉妹のうちの一方が大きな決断をします。自分は彼女を「助ける道」を生きていこうと。姉・和音と妹・由仁のどちらがそのような決心をするのかは、DVDをレンタルして確認してみてください。

とにかく、姉妹のどちらかが、どちらかを全力で支えていくことを生き方として選ぶわけです。そんな姉妹関係もあるのですね、ただし映画の中の話ですが。

それから、映画「空飛ぶタイヤ」(2018年6月公開。長瀬智也さん主演)では、非常に良い奥さんが出てきていました!主人公・赤松徳郎(長瀬智也さんが演じます)の奥さん赤松史絵(深田恭子さんが演じます)がメチャクチャ良い嫁さんなんですね。結婚すんならこれくらいの人がいいでしょうね。

ピンチの夫に対する発言。冒頭の方だけを聞いて、「うわっ!最悪の女やなぁ」という感じのことを思っちゃうんですけど、最後まで聞いて感動です。「スゴイなこの女性は」と。とにかく良い奥さんで、良い母親です(これもあくまで映画の中の話です)。

映画の中の良い姉妹関係、良い奥さんをご紹介しましたが、実際問題として家族の問題って後回しにしていませんか?また、こじれたまんまになってしまってはいませんか?

友人関係や仕事関係でトラブルがあったり、問題があるとすぐにでも解決に動き回るのに、家族の問題、家庭のトラブルは放ってないですか?家族のどなたかを恨んだままになっていませんか?家族や親戚のどなたかに対して復讐心を抱いてはいませんか?

でも、世界のベストセラー聖書は、先にご紹介したように「復讐するな」と、また家族を大切にするようにと教えています。イエス・キリスト様の12弟子の一人ペテロ。有名ですよね。実は、あのペテロにアンデレという弟がいました。

で、結論から言いますと、アンデレの方が最初にイエス・キリスト様に出会った。で、アンデレはすぐに何をしたか?それは、すぐに兄ペテロにイエス・キリスト様のことを伝え、彼をイエス・キリスト様のところに連れて行っているんですね。良い弟です。良い兄弟関係です。これは、映画の中の話でなくて、実話です。

それから、キリストの神様って、憎むお方でもあるんです。確かに、愛なるお方で、今もあなたを愛してくださっています。でも、このお方は、同性愛や同性婚、婚前交渉や殺人や盗みを憎まれます。とにかく、罪を憎むお方なのです。

そして、聖書のある箇所に、キリストの神様が、あるモノを憎んでいるとハッキリと書かれているわけです。それは、「兄弟の間に争いを引き起こす者」であるわけです。逆に言えば、兄弟の間に一致(愛)をもたらすならば、キリストの神様から報いを頂けるはずですね。

英国の著名な小説家、詩人であるウォルター・スコット。「この豊かな書物(聖書)には、奥義の中の奥義が存在する」(『100人の聖書』24ページ)。このように書かれています。まさに、そうです。世界のベストセラー聖書には、奥義の中の奥義が存在しています。

その奥義の一つが、「復讐するな」という教えです。そして、また「赦しなさい」という教え、「隣人を自分自身のように愛しなさい」という教え、「殺すな」という教えもあります。これらこそ、奥義の中の奥義です。

馬が合わない相手(弟、兄、妹、姉、父、母、しゅうと、姑、息子、娘)がいるでしょう。もしかして、上記の中のどなたかに復讐心を抱いている、または激しい怒り、憎しみを抱いているかもしれません。家族関係や親戚関係で泥沼に陥っている方もいるはずです。

でも、「赦して」あげて、「愛して」あげる。相手との間に平和を保つ。これこそ聖書が教える奥義の中の奥義です。それらが解決の鍵、解決の方法です。憎み続ける、復讐を計画することは、本当の解決に至る道ではありません。

ちょうど良いタイミングで、今週土曜日から三連休です。赦して、復讐心を捨て去って平和をつくるために、電話してみませんか?会いに行ってみませんか?そして、キリスト教会に一緒に行ってみる。最高ですね!

崩壊している兄弟(姉妹)関係を回復するチャンス、ダメになっている家族関係、親戚関係を修復できるチャンスです。おそらく、相手の方からは来ないでしょう。皆さんが相手を赦し、愛することから始まります。

(でも、なかなか赦せないはずです。それが当然です。だからこそ、クリスチャンになって、キリストの神様に助けてもらいませんか?クリスチャンになる方法は、シーズン1の100でご紹介しています)

この三連休、クリスチャンになってキリストの神様の助けを頂いて、家族の誰かと和解をしませんか?「犬神家の一族」のようになっているなら修復しませんか?また、久しぶりの親孝行をしてあげませんか?そして、日曜日は皆でキリスト教会にGOですね。素晴らしい三連休をお過ごしください。

最後に一つのお話を紹介して終わります。あるご夫婦がいたそうです。奥さんはオペレーターの仕事をしていました。でも、ある日から急に視力の衰えを感じ出しました。

病院で診察を受けると、「角膜炎」との診断結果。手術を受けることになりました。しかし、その手術中に医療事故が発生し、奥さんは完全に失明してしまいます。

当然ながら、奥さんは希望を失い、涙の日々。でも、クリスチャンであった彼女は祈ることによって勇気を頂いて、奮起するのです。

オペレーターの仕事なので、目を使う必要はない。だから、仕事を再開しようと決めます。それから、旦那さんが毎日職場まで付き添ってくれました。旦那さんは、半年も奥さんの出勤に付き添い続けました。そして、奥さんは1人でバス出勤ができるようにまでなります。

奥さんは1人で出勤するようになり、いつもバスの決まった席(運転手さんのすぐ後ろの席)に座っていました。そんなある日、バスの運転手さんが奥さんに話し掛けてきます。

「あなたは本当に幸せな人ですね!」と。奥さんは「なぜ私が幸せなんですか?」と質問しました。すると、運転手さんはこう答えたそうです。「毎日、あなたを見守る人がいるではないですか!」

「えっ?」と驚く奥さんに、運転手さんは言ったそうです。「知らなかったんですか?旦那さんが毎日あなたと一緒に乗り、あなたの後ろに座っていたんですよ。あなたがバスを降り、会社に入るまでを見届けて、またバスに乗って戻っていたのですよ」

奥さんは、初めて知ります。自分1人で出勤していたのではなかったことを。毎日旦那さんが一緒に出勤してくれていたことを。

美しい夫婦愛の物語です。この旦那さんのような夫、または妻、兄、弟、姉、妹、息子、娘、父、母でありたいですね。

次回の百人一読は、順番を無視しますので同志社大学の新島襄が登場します。さて、ふざけてはいませんが、1度も蚊に刺されたことのない人はいますか?蚊は、皆さんの味方、それとも敵ですか?無断で部屋に入ってくる蚊という生き物をどう思っていますか?次回は、蚊についても考えます!

<<前回へ     次回へ>>

【書籍紹介】
篠原元著『100人の聖書

『100人の聖書』

本書を推薦します!
「他の追随を許さない数と挿話」
――奥山実牧師(宣教師訓練センター[MTC]所長)
「牧師の説教などに引用できて便利」
――中野雄一郎牧師(マウント・オリーブ・ミニストリーズ)
「聖書に生きた偉人たちの画廊」
――峯野龍弘牧師(ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会)

ご注文は、全国の書店・キリスト教書店、Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

篠原元

篠原元(しのはら・げん)

1991年7月、東京都千代田区生まれ。プロテスタント・炎リバイバル教会伝道師。JTJ宣教神学校卒業、アンテオケ国際宣教神学校卒業、同神学院中退。現在、VIPクラブ、キリスト教各団体、ホテルなどにて講演、またテレビ番組「ライフ・ライン」などに出演するなど多方面で活動中。2017年1月に有志のメンバーにより設立された社会福祉活動団体「100人の聖書基金」の、学校・児童養護施設・病院などへの書籍寄贈活動に著者として携わっている。著書に『100人の聖書』(発行:イーグレープ)がある。

各種依頼などに関する問い合わせは、以下の教会ホームページまたは「100人の聖書基金」ホームページを参照。

炎リバイバル教会ホームページ
「100人の聖書基金」ホームページ

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:篠原元

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング