「イスラム国」指導者バグダディ容疑者の息子が死亡 シリア中部の作戦で

2018年7月5日19時27分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+「イスラム国」指導者バグダディ容疑者の息子が死亡 シリア中部の作戦で
過激派組織「イスラム国」(IS)傘下のアマク通信が公開した、IS指導者アブバクル・バグダディ容疑者の息子のホザイファ・バドリ氏
- 広告 -

過激派組織「イスラム国」(IS)の指導者であるアブバクル・バグダディ容疑者の息子ホザイファ・バドリ氏が、シリア中部ホムスで行われた作戦で死亡した。IS傘下のアマク通信が3日伝えた。

報道によると、バドリ氏はホムスの火力発電所でISが行った、ロシア軍やアラウィ派に対する作戦で死亡した。アラウィ派は、イスラム教の2大宗派の1つシーア派の一派で、シリアのバッシャール・アサド大統領が属する。

アマク通信は機関銃を持ったバドリ氏の写真も掲載しており、写真からは10代の青年に見える。英デイリー・テレグラフ紙がイラクの歴史学者の話として伝えたところによると、バドリ氏は2000年にイラク中部の都市サーマッラーで、バグダディ容疑者と同容疑者の1人目の妻であるイラク人女性との間に生まれた。当時、バグダディ容疑者はまだ、ISの前身となるイラクのアルカイダ系組織の幹部になる前だった。

AFP通信によると、バグダディ容疑者には1人目の妻との間に他に3人の息子がおり、2人目の妻との間にも息子が1人いる。

バグダディ容疑者をめぐっては、ロシア政府が昨年、空爆で死亡した可能性があると発表したが、今年5月になってイラクの情報当局がイラクとの国境に近いシリア領内で生存している可能性があると伝えている。

ISは数年前まではイラク、シリアの両国に支配地を大きく広げ、キリスト教徒やヤジディ教徒などの少数派をターゲットに虐殺してきた。そのためここ数年のキリスト教徒に対する迫害の大きな要因となっていたが、米ニューヨーク・タイムズ紙によると、シリアにおける支配地域は現在、同国領土の3パーセント未満にまで減少したと見られている。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング