九州豪雨ボランティアの宿泊所を開設 カトリック福岡教区が受付開始

2017年7月20日17時50分 記者 : 坂本直子 印刷
関連タグ:カトリック教会
+九州北部豪雨被災地へのボランティアのための宿泊所を開設 カトリック福岡教区が19日より受付開始
カトリック本郷教会(写真:平田政信司祭提供)

カトリック福岡教区は19日、九州北部豪雨災害の対応として、カトリック本郷教会(福岡県三井郡大刀洗町)の信徒会館ホールに「被災地ボランティア本郷宿泊所」を開設すると発表し、19日から宿泊の申込受付を開始した。開設期間は7月21日から10月末までの予定。同宿泊所は、被害の大きかった朝倉市まで約7キロメートル、車で20分弱、西鉄甘木線で約30分のところにある。

福岡教区は、今回の豪雨災害の対応に関する緊急会議を開き、被災地で活動するボランティアを支援するため、「被災地ボランティア本郷宿泊所」開設を決定した。同施設は、施設の関係上、男性のみ15人まで宿泊可能で、食事、風呂、寝具(布団、毛布類)は各自で対応することになる(近隣にスーパーやコンビニ、銭湯がある)。申し込めるのは、原則18歳以上(高校生は保護者の同意と引率者の同伴がある場合のみ可)で、宿泊期間は最長1週間。

同教区長の宮原良治司教は14日付の文書で、「被災地ボランティア本郷宿泊所」活動への経済的支援を呼び掛けるとともに、これは福岡教区の今年の目標である「いつくしみから踏み出す第一歩」の具体的な実践として受け止めてほしいと述べている。また、「わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである」(マタイ25:40)というキリストの言葉を引用しつつ、「私たちも、社会的に脚光を浴びるような大きなことはできなくても、自分にできる手の届く範囲内で、この福音の実践者になりたいと思います」と訴えた。

宿泊希望者の申し込み・問い合わせ時間は午前9時~午後5時。7月25日までは電話(080・1761・4150)で受け付けているが、26日以降は、申し込みフォームに記入の上、ファクス(0942・65・9200)で申し込むことになる。利用案内ルールや申し込み方法の詳細については同教区のホームページから確認することができる。

関連タグ:カトリック教会

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング