カトリック指揮者の小口浩司氏、29日に立教学院礼拝堂で新曲初演へ 「いつくしみの特別聖年」で

2016年10月21日22時20分 記者 : 行本尚史 印刷
+カトリック指揮者の小口浩司氏、29日に立教学院礼拝堂で新曲初演へ 「いつくしみの特別聖年」で
カトリック指揮者の小口浩司氏(写真:春田倫弘氏)

立教新座中学校・高等学校クワイヤーは29日(土)午後1時半からと30日(日)午後2時10分から、立教学院聖パウロ礼拝堂(新座チャペル、埼玉県新座市)でSPFチャペル・コンサートを行い、その指揮者でカトリック信徒の小口浩司氏が初日に新曲「MISSA “MISERICORDIA” 」(ミサ・ミゼリコルディア)を初演する。ミゼリコルディアとは、「いつくしみ、慈悲、あわれみ」を意味するラテン語。

小口氏は、この曲に込めた自らの思いについて記した最近の文章の中で、「カトリック教会では、今年、教皇フランシスコによって『いつくしみの特別聖年』が制定され、神様の真の愛に立ち返る1年間を頂いています。しかし、罪のない多くの人々が命を落とし、大事な人を失った人々の悲しみは今も絶えることがありません。この多くの苦しみに私達が寄り添いつつ、祈りを新たにし、力強く信仰を証する力を蓄えるために、私は本作《Missa Misericordia(ミサ・ミゼリコルディア)》を作曲するに至ります」と述べている。

「全世界の共同一致のために、歌詞は教会共通言語のラテン語とし、旋律は、私の信仰の故郷である長崎県五島列島滞在中に得たインスピレーションによって書き上げました。あわれみ、嘆き、嘆願、怒り、といった人間の叫びの中に、神様の導く光を確信できるように工夫してあります」と、小口氏は説明している。

小口氏は、2014年3月、合唱指揮者生活10周年記念コンサートを東京オペラシティにて開催。自身がデイレクターを務める立教学院聖パウロ礼拝堂から生まれた3つの聖歌隊を指揮した。

カトリック指揮者の小口浩司氏、29日に立教学院礼拝堂で新曲初演へ 「いつくしみの特別聖年」で
29日と30日に立教学院聖パウロ礼拝堂(新座チャペル)で行われる、立教新座中学校・高等学校クワイヤーのコンサートのポスター(画像:立教新座中学校・高等学校クワイヤー提供)

15年3月17日、小口氏は長崎の国宝、大浦天主堂で行われた「日本の信徒発見150周年記念式典」に招かれ、記念祝賀演奏会を指揮した。自身作曲のミサ曲も初演。同月、東京オペラシティにおいても記念演奏会を行った。

同年12月には、聖ドミニコカトリック渋谷教会大聖堂にてクリスマスコンサートを行い、収益は東日本大震災復興支援として全額寄付された。また、16年8月、蓼科の地において女声聖歌隊コンサートを行ったほか、聖歌隊の認知を目的としたレクチャーコンサートを毎年開催。12月24日に立教学院聖パウロ礼拝堂で行われるクリスマスナイトコンサートは自身が企画立案に携わり、毎年好評を得ているという。

なお、小口氏は、『芸術研究7―玉川大学芸術学部研究紀要―2015』に公演ノート「日本の信徒発見150周年演奏会―聖歌で伝える信仰―」を著している。

29日と30日のコンサートと立教新座中学校・高等学校クワイヤーに関する問い合わせは、電話:048・471・2323(代表・顧問 中村勝さん)まで。また、小口氏のブログ「歌うことは祈ること―指揮者小口浩司の観察日記―」はこちら

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

ヒルソングが日本語CD「なんて麗しい名」を初リリース 日本の次世代賛美の牽引役となるか? 実際に聴いてみた!

「エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ」に見るSNS世代の複雑さと素直さ

元AKB48の竹内美宥さん、教会の音楽集会に出演 「苦しいとき、いつも神様に祈った」

有名俳優たちが聖書の世界を忠実に再現 無料アプリ「聴くドラマ聖書」、9月リリース

首都圏最古、かやぶき屋根の「旧手賀教会堂」を守ろう 柏市がふるさと納税活用したCF型募金

礼拝堂に「天使の歌声」が響き渡る! ゴスペル歌手チャリティ・ロックハートさん来日コンサートが大盛況

日本福音ルーテル熊本教会、国の登録有形文化財へ ヴォーリズ晩年の作

「トイ・ストーリー4」に描かれる人の生きざまのリアル

「存在のない子供たち」 誕生日も年齢も知らない・・・ 悲痛なリアリティーを投げ掛ける衝撃の一作

映画「パピヨン」 人間にとっての「自由」「解放」とは何かを問うこん身の一作

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース