霊感商法の統一協会、宗教分野の後継者に七男・文亨進

2008年4月21日22時41分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

 日本では霊感商法の被害で知られるカルト団体・世界基督教統一神霊協会(統一協会)の教祖・文鮮明(ムン・ソンミョン、88)の宗教分野における後継者として、鮮明を父とする韓鶴子(ハン・ハクチャ、65)の七男・文亨進(ムン・ヒョンジン、28)が選ばれたことが19日までにわかった。AFP通信が同協会広報の情報として伝えた。



 韓国の毎日経済新聞によると、亨進は18日、同国京畿道の統一教天正宮博物館で、世界会長及び韓国会長に就任。統一協会の関係者は、亨進が教団の国内外組織を総括する会長に就任したとして、統一協会関連のグループにおける教会分野の責任者となったと、明らかにした。



 統一協会は世界的にもエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教(末日聖徒イエス・キリスト教会)と並ぶキリスト教の三大異端とされており、日本では1970年頃から活動が活発化。全国霊感商法対策弁護士連絡会の「統一協会の現状」によると、日本の統一協会は、1975年から約10年間にわたって鮮明のもとに毎月50〜100億円の資金を送り続けたとされており、現在も毎年100億円以上の資金を送っていると見られている。



 統一協会は世界的に様々な関連団体・企業を有しているが、統一協会の関係者の話によると「(亨進は)会長就任とともに世界宣教本部長も任せられ、事実上教団の責任者になったが、統一グループ全体の後継者につながるものではない」(同紙)という。



 今年3月には、同協会関連のボランティア団体「SHINZEN」(東京都世田谷区)の会員男性が住居侵入容疑で書類送検された。警視庁公安部は「SHINZEN」がボランティア団体を名目とした統一協会の資金源と見ており、今後活動の実態解明を進める方針としている。



【お詫びと訂正】 4月21日午後1時40分ころから同22日午後4時40分ころにかけて掲載されていた記事「霊感商法の統一協会、後継者に三男・文顕進」に関して、後継者として三男・文顕進(38)が選ばれたとしていましたが、正しくは七男・文亨進(28)です。お詫びして訂正致します。



Facebookでシェアする Twitterでシェアする

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

の最新記事 の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング