関東学院大横浜・金沢文庫キャンパスの野球場、グラウンドに企業名

2016年8月31日16時33分 記者 : 坂本直子 印刷
関連タグ:関東学院大学
+関東学院大横浜・金沢文庫キャンパスの野球場、グラウンドに企業名
関東学院大学横浜・金沢文庫キャンパスの野球場(写真:関東学院大学提供)

関東学院大学(横浜市)は、総合物流企業の株式会社ギオン(相模原市)が、同大の課外活動に対する支援を決定したことを受け、同大の横浜・金沢文庫キャンパスの野球場および総合グラウンド、サブグラウンドの名称を「関東学院大学 金沢文庫キャンパス GION ATHLETE PARK」に変更したことを発表した。名称の変更は9月1日から。

寄付は、クラブ活動の活動費として使われる予定で、寄付を受けての名称変更は、2021年8月までとなっている。同大が、寄付者を顕彰する目的で施設名称を変更するのは、横浜・金沢八景キャンパスのグラウンドを今年3月に「関東学院アストロフィールド」と変更して以来2例目となる。

今回名称が変更する施設は、1984年5月に開場され、神奈川県大学野球連盟および関東ラグビーフットボール連盟の公式戦の会場としても利用されている。変更後の正式名称は、「関東学院大学 金沢文庫キャンパス GION ATHLETE PARK」だが、媒体や文字数の制限などを想定し、「関東学院大学金沢文庫キャンパスギオンパーク」「関東学院大学金沢文庫ギオンパーク」「関東学院大学ギオンパーク」「ギオンパーク」など、複数の略称も設定している。

関東学院大横浜・金沢文庫キャンパスの野球場、グラウンドに企業名
関東学院大学横浜・金沢文庫キャンパスのグラウンド(写真:関東学院大学提供)

相模原市中央区に本社を持つ株式会社ギオンは、国内に50以上の拠点を持ち、6つの関連会社と共にビジネスを展開する総合物流企業。CSRの一環として、地域・神奈川県に密着するかたちでスポーツ振興に取り組んできた。地元サッカーチームや野球チーム、オートバイレーサーへの支援活動、各種スポーツイベントの開催などに加え、2014年には相模原市のスポーツ施設、相模原市麻溝公園競技場のネーミングライツ権も取得している。

関連タグ:関東学院大学

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース