桜美林学園、ベネッセコーポレーションおよびベルリッツ・ジャパンと包括的な連携で合意

2016年4月19日20時44分 記者 : 坂本直子 印刷
関連タグ:桜美林大学
+桜美林学園、ベネッセコーポレーションおよびベルリッツ・ジャパンと包括的な連携で合意
包括的連携に関する基本協定書・締結式に臨んだ(写真左から)桜美林中学・高等学校の大越孝校長、ベルリッツ・ジャパンの松尾茂樹代表取締役社長、ベネッセコーポレーション山﨑昌樹学校カンパニー長、桜美林学園の佐藤東洋士理事長、桜美林大学の三谷高康学長(写真:桜美林学園提供)

桜美林学園(東京都町田市)は、ベネッセコーポレーションおよびベルリッツ・ジャパンと包括的な連携に関して協定を締結することで合意し、15日、桜美林大学多摩アカデミーヒルズで基本協定書締結式を行った。

同協定は、人的・知的資源の交流と活用を図り、包括的な連携のもと、教育・研究などの分野において相互に協力し、社会の発展と教養豊かな国際人育成に寄与することが目的。同日の締結式には、同学園の佐藤東洋士理事長、桜美林大学の三谷高康学長、桜美林中学・高等学校の大越孝校長、ベルリッツ・ジャパンの松尾茂樹代表取締役社長、ベネッセコーポレーションの山﨑昌樹学校カンパニー長が出席した。

桜美林大学は、4月にビジネスマネジメント学群フライト・オペレーション(パイロット養成)コースの本拠地を同大多摩アカデミーヒルズに移し、米アリゾナ州フェニックスにある同大フライト・トレーニングセンターとともに、世界の航空ビジネス高等教育(Higher Education for International Airline Business)のさらなる発展を目指す。それに当たり、今回の協定では、同学園とすでにさまざまな教育研究活動で協力関係にあるベネッセコーポレーションおよびベネッセグループのベルリッツ・ジャパンと「English for Professional Purposes(EPP)」において協力することで合意した。

同学園は、「今後、グローバル人材の育成ビジョンを共有し、相互協力によってK‐12(幼小中高)、大学はもとより、大学院をも含めて、次世代の国際人を育てていく」と話す。

桜美林大学の「フライト・オペレーションコース」では、「キリスト教精神に基づいた教養豊かな識見の高い国際的人材を育成すること」という同大の教育理念に基づき、グローバル時代に欠かせない職業の一つであるパイロットの養成を目的としている。

世界のどこでも活躍できる、真の国際人たるパイロットの養成を目指した学びの仕組みは、1年次は国内キャンパスで基礎を学び、2年次秋から海外で資格取得を目指す。その後は、アリゾナ州訓練施設へ渡航し、日本のライセンスを手に帰国。さらに国内キャンパスでパイロットに必要な能力に磨きをかけ、エアラインに必要なパイロット知識を修得することになっている。

関連タグ:桜美林大学

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング