「女性が輝けば、世界も輝く」福島みずほ参議院議員、所沢市で未来を語る

2016年7月23日20時12分 印刷
+「女性が輝けば、世界も輝く」福島みずほ参議院議員、所沢市で未来を語る
福島みずほ参議院議員=3月26日、埼玉県所沢市の「男女共同参画推進センターふらっと」で

3月26日、埼玉県所沢市の「男女共同参画推進センターふらっと」で開催された福島みずほ氏による講演会。「ところざわ男女平等ネットワーク」が主催したこの集いには、男女50人以上が集まり、会場は満席となった。

福島氏のファンだという男性は「福島さんの主義主張はぶれることがない。そこが他の人と違う」と語る。会場の年齢層は幅広く、女性だけでなく男性も多く参加していた。

福島氏は「人の顔と名前を覚えることが上手」と評判だが、事実、この日も席につく人に名前を呼びながら声を掛け、にこやかに手を振っていた。

現政権が掲げる「女性活躍推進法」で女性は本当に活躍できるのか、狙いは何であろうかとの切り口で講演はスタート。後半は、質疑応答の形で議論を深めた。ある支援者が「みずほさんマジック」と呼ぶように、聞いている人に不思議な一体感を与える話し方は、とても後味の良いものだった。

政治家となって18年目の福島氏。社民党元党首の故・土井たか子氏の影響を受け、議員を志した。土井氏がクリスチャンであったことは有名だ。「一緒に頑張ってほしい」という土井氏の言葉は、それまで弁護士が天職だと思っていた自身にとって、大きな方向転換のきっかけとなった。

講演では、差別撤廃から始まり、男女平等についても分かりやすく軽快なトークで参加者を引き付けた。生きづらいということは、プラスに考えると、社会の問題点として皆に知ってもらうことにもつながり、生かすことができるとも語った。

差別撤廃、脱原発、男女平等という自身の取り組み以外にも、セクシャルマイノリティーや障がい者も生きやすい社会を一緒に思い描いていこうと訴えた。

「民主主義ってなんだ? それは国会の中ではなく、今日はここにあるのです。家に帰って話す言葉、職場で話す言葉に民主主義がある」と福島氏。「そう思うと勇気が湧いてきませんか!」と呼び掛けると、参加者は一同うなずいていた。

「女性が輝けば、世界も輝く」福島みずほ参議院議員、所沢市で未来を語る
この日は50人以上の参加者が集まった。質問に丁寧に答える福島みずほ氏=3月26日、埼玉県所沢市の「男女共同参画推進センターふらっと」で

当日はさまざまな立場の人が参加していた。中には長年、NHKの「夏休み子ども科学電話相談」を担当した人や狭山事件(無罪を訴え活動中)の家族の姿も。地元議員や町内会関係者もいた。

驚いたことは、会場に多くのクリスチャンや地元の教会関係者が集まっていたことだ。「私はクリスチャンです」「私もですよ!」と、信仰を持つ者同士で声を掛け合っていた。

ある地元の教会関係者は「平和をただただ望んでいますから、福島さんを応援しているのです」と打ち明けてくれた。

「女性が輝けば、世界も輝く」福島みずほ参議院議員、所沢市で未来を語る
どんな時もポジティブに、常に明るく生きたいと語る福島みずほ氏=3月26日、埼玉県所沢市の「男女共同参画推進センターふらっと」で

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース