立教女学院短期大学と附属幼稚園、2018年度以降募集を停止

2016年7月15日11時25分 記者 : 坂本直子 印刷
+立教女学院短期大学と附属幼稚園、2018年度以降募集を停止
2018年度以降の学生募集停止を決定した立教女学院短期大学(写真:立教女学院提供)

学校法人立教女学院(東京都杉並区)は11日、5月17日開催の理事会で、同学院の短期大学閉学を前提に、2018年度以降の学生募集停止を決定したことを発表した。

今回の事態について同学院の若林一美理事長は、「18歳人口の減少など変化しつつある社会的な状況を見据え、今回の結論に至らざるを得ませんでした」と明かし、「誠に残念」と無念さをにじませた。

その上で、在学生はもとより、17年度の入学生に対する教育、就職・進路支援などについては、これまでと同様に万全を期して臨んでいくことを伝え、さらに、卒業後も支障のない支援体制を整えていく考えを示した。

短期大学は、1967年に同学院創立90周年を記念して設立された。以来49年にわたり、建学の精神である「キリスト教に基づく人間教育」のもと、高い知識と技術を持ち、社会に貢献できる卒業生を輩出してきた。1万人を超える卒業生は、各界から高い評価を受けている。

また、40年にわたって毎年2月に公開講座を開催しており、受講を楽しみにしている区民も少なくない。こういった地域とのつながりについて同学院の関係者は、「これまでも、学院として、地域との交流を大切にしてきました。これからも、今までとは違う新しい形で、地域との交流を継続させていきます」と話した。

短期大学が学生募集停止となったことを受け、付属幼稚園の天使園も、閉園を前提に18年度以降の園児募集を停止する。天使園は、創設時から短期大学と財政面も含め一体化していたため、今後の天使園の独立した維持・運営は困難との結論に達した。同学院では今後、新しい幼稚園を設立する予定はないという。

天使園についても、短期大学同様、現在通園している園児はもちろんのこと、17年度の入園生が卒園するまでの間、これまでと同様、万全を期して臨んでいくという。

同学院の小学校、中学校、高等学校については、これまでと変わらず運営を続けていく。

若林理事長は、「募集停止に至りました事情をご賢察いただき、今後ともご理解とご協力を賜わりますようお願い申し上げます」と述べた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース