南山大学、短期大学部の募集2017年度以降停止へ

2016年2月12日15時14分 記者 : 坂本直子 印刷
関連タグ:南山大学
+南山大学 2017年度からの短期大学部の募集停止を決定
南山大学(写真:midorisyu)

南山大学(愛知県名古屋市)は5日、同大短期大学部の募集を2017年度以降停止することを同大ホームページで発表した。1月29日に開催された同学園の理事会で決まった。

短期大学部の前身、南山短期大学は1968年、英語科1学科で設立され、73年には人間関係科を増設した。その後2学科体制のもとで運営し、特徴ある教育で多くの卒業生を輩出してきた。しかし、社会情勢の変化に伴い、2000年に人間関係科が南山大学人文学部心理人間学科へと移行され、11年には南山大学短期大学部に名称変更されることになり、今回の募集停止に至った。

文部科学省の「学校基本調査」によると、短期大学は14年度時点で全国に約350校あり、1996年の598校をピークに減少を続けている。募集を停止する短期大学のほか、4年制大学に併設されている場合はそのまま学部に統合されたり、4年制大学化されたりしているという。同大では、17年度に新しく国際教養学部の設置構想を進めており、短期大学部についても「実践的な英語教育及び国際性の伝統は、平成29年度設置予定の国際教養学部に受け継がれることになる」と話す。

南山大学は1949年、「Hominis Dignitati(人間の尊厳のために)」を教育モットーとし、1学部4学科でスタートした。以来60余年を経た今日では、今回募集停止を決めた短期大学部を含めて8学部17学科を擁する総合大学に発展した。共学の大学としては中部唯一のカトリック系ミッションスクールとしても知られる。

関連タグ:南山大学

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース