日本聖書協会、初の動画コンテスト開催 聖書にまつわるオリジナル動画作品を募集中

2016年4月21日17時22分 記者 : 新庄れい麻 印刷
+日本聖書協会、初の動画コンテスト開催 聖書にまつわるオリジナル動画作品を募集中
聖書にまつわるオリジナルの動画作品を募集する「第1回聖書動画コンテスト」。聖書を読みたいと思わせるような動画作品の募集を広く呼び掛けている。(画像:日本聖書協会提供)

日本聖書協会(東京都中央区)は、聖書にまつわるオリジナルの動画作品を募集する「第1回聖書動画コンテスト」を開催し、1日から作品の応募を受け付けている。聖書の言葉、内容に着想を得たものであれば、テーマや内容は自由。聖書を読みたいと思わせるような動画作品の募集を広く呼び掛けている。

コンテストは、15~60秒の短い動画ファイルを対象とする「一般動画部門」、本格的編集が施された高品位で3分以下の動画ファイルを対象とする「クリエイティブ部門」の2部門がある。

作品応募期間は、4月1日(金)から10月31日(月)まで。個人でも団体でも、年齢や性別、国籍問わず参加資格がある。一人何作品でも応募可、参加費はかからない。一般動画部門への応募は、ユーチューブに動画作品をアップロード後、応募フォームから情報を入力して投稿、クリエイティブ部門への応募は、動画データを保存したDVDを郵送する。詳細は同協会の特設ページで。

それぞれの部門ごとに、最優秀作品賞1作品など各数賞が選ばれ、賞金・副賞などが贈られる。結果は、特設ページ上で12月に発表される予定。入選作品は広報宣伝のために、同協会ホームページなどで1年間活用される。

最近ではスマートフォンやPCのアプリを使って、簡単な手順で動画編集ができるようになったが、まだまだ動画作品の製作と聞くと抵抗を覚える人も多いだろう。同協会の担当者は「スマートフォンをお持ちの方は、ごく簡単に動画編集ができる無料アプリもあります。例えば何気ない日常生活の一コマとしての写真を複数枚、またはショートムービーに連想する聖書の言葉を組み合わせてみてはいかがでしょう。ユーチューブへの登録など、ご不明のことがあれば広報担当が可能な範囲でお手伝いいたしますので、お気軽にメールやお電話でお問い合わせください」と話し、広く参加を呼び掛けている。

具体的にどのような作品を製作すればよいかイメージがつかない、という人のためには、ポルトガル聖書協会が主催するクリエイティブ聖書映像コンテスト「Biblia Moov」の入賞作品がサンプルとして特設ページで公開されている。「Biblia Moov」は、聖書関連の映像コンテンツを一般公募するコンテストで、2015年の優勝作品『家と土台』と準優勝作品『神の教会』を、日本語字幕付きで見ることができる。

■「Biblia Moov」2015年準優勝作品『神の家族』

 

詳細・問い合わせは、広報担当(電話:03・3567・1988、メール:info@bible.or.jp)まで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース