中国最大のメガチャーチの牧師、十字架の撤去に反対し解雇される

2016年3月9日22時19分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+中国最大のメガチャーチの牧師、十字架の撤去に反対し解雇される
中国浙江省の教会から十字架を撤去するクレーン=写真左と、撤去され地面におかれたコンクリート製の十字架=同右(写真:YouTubeのスクリーンショット)

中国当局は、地域での十字架撤去に反対した公認教会主任牧師の職を解いた。

中国最大のメガチャーチ、杭州基督教会崇一堂の主任牧師だったヨセフ・グ・ユエセ(顧約瑟)氏は先月、汚職と他の経済犯罪の罪で逮捕された。しかしグ氏の支援者によると、この罪状は、グ氏が教会から数百個の十字架が撤去されたことを公に反対したことに対する報復としてでっち上げられたものだという。

ワシントン・ポスト紙の報道によると、グ氏は2月29日、この事件の裁判がまだ始まっていないにもかかわらず解雇された。グ氏は1月28日、浙江省の省都杭州市内に勾留された。

グ氏の教会がある浙江省は、教会の建物から十字架やその他のキリスト教のシンボルを撤去する中国政府のキャンペーンの標的となっている。当局は、その建物が建築基準に違反していると主張する。

非公認教会は中国当局から長期にわたって迫害を受け続けているが、この弾圧は中国の厳しい共産主義政権に強く迎合してきた公認教会をも標的としている点が大きく異なる。

グ氏の解職は、同じ浙江省の包国華牧師が十字架の撤去に反対したことを受け、懲役14年の判決を受けた後のことだった。グ氏の妻は懲役12年の刑を受け、教会員10人も逮捕された。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース