東京都:佐々木良子宣教師支援コンサート―海外宣教師を支えるために

2016年2月10日17時06分 印刷
関連タグ:ドイツ
+東京都:海外宣教を支えるために支援コンサートを開催

ドイツのケルン・ボン日本語キリスト教会に、今年4月から宣教師として派遣される佐々木良子氏の支援コンサート(主催:佐々木良子宣教師を支える会)が2月27日午後4時から、佐々木氏が13年間牧師として仕えた日本基督教団小松川教会(東京江戸川区北葛西4‐3‐9)で開催される。ドイツに旅立つ佐々木氏を支えたいとの思いで集まった豪華ミュージシャンたちの調べが、教会堂に鳴り響く。

佐々木氏が派遣される教会は、ケルン市にある超教派のプロテスタント教会で、日本語を用いてドイツで生活する人々に福音を伝え、分かち合うことを使命としている。

小松川教会は、主の招きに応じて一人で海外宣教に出掛ける佐々木氏を支援するために「佐々木良子宣教師を支える会」を発足させ、体制を整えてきた。今回のコンサートは、教会員から慕われ、信頼を集めてきた佐々木氏のこれからの歩みを紹介し、共に海外宣教の恵みを分かち合いたいと企画された。

当日は、テレビやラジオでも活躍する、世界でも珍しい「ハンドフルート」奏者の森光弘とピアニストの臼田圭介によるデュオ「CHILDHOOD」や、近隣地域で活躍するリトルシード・ゴスペルクワイア、グレートジョイ・ゴスペルクワイアなどが出演する。「サプライズ」も予定されているという。

入場無料(自由献金あり)。問い合わせは、佐々木良子宣教師を支える会(電話:03・3869・5261、FAX:03・3869・5262、メール: support@ryokosasaki-missionary.com、ホームページ)。

関連タグ:ドイツ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース