牧師の小窓(12) 福江等

2016年1月24日05時56分 コラムニスト : 福江等 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:福江等
+牧師の小窓(12)福江等
マニラの国立フィリピン大学の正門前
- 広告 -

私とフィリピンとのつながりは、すでに48年前にさかのぼります。1968年の春のことでした。短期の交換留学生として20人ほどのグループで5週間ほどフィリピンの各地でホームステイをしながら、現地の人たちと交流をし、その文化や社会を学ばせていただきました。まさかその時、将来その国に住んで仕事をするようになるとは思いもよりませんでした。

その時にフィリピンに行ったのが、私の初めての外国体験でした。いろんなところを訪問していくうちに、自分が日本人であるということがどういうことなのか、考えさせられていきました。その時分はまだまだ太平洋戦争の傷跡があちこちに残っており、日本軍による残虐な行為が、否が応でも耳から入ってきたり、新聞で取り上げられたりしていました。

バターン半島での死の行軍などについても、何度も聞かされました。ホームステイしていた所の子どもが日本軍の残虐な行為をしゃべろうとするのを、その家の方が止めたりする場面もありました。

だんだん肩身が狭くなっていきました。日本ではそれまで学校でも教わったことのないことばかりで、心の落ち着かないことの連続でありました。

その留学の最後の訪問地がマニラにあります国立フィリピン大学でありました。私たち一行は学長室に招かれてひと時の交流を持つことができました。

私はどうしてもその学長に聞いておきたいことがありました。それは、「フィリピンの人たちは日本人を赦(ゆる)してくれますか」ということでした。勇気を出してその質問をしてみました。するとその学長がこう答えたのです。

「私たちは赦すことはできますが、忘れることはできません」と。この言葉の重みをそれから今日に至るまでひしひしと感じてまいりました。これが真実な証言なのだろうと思いました。

英語ではもっとインパクトの強い言葉になります。”We can forgive but we cannot forget.” ですから。後にフィリピンに住んで仕事をしていたときに、このことを決して忘れないよう肝に銘じたことでした。

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)など。

高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会facebook

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング