刑務所伝道シリーズ(12)朝日の光に懺悔した日 高橋昌平さん

2016年1月4日17時37分 記者 : 守田早生里 印刷
+刑務所伝道シリーズ(12)朝日の光に懺悔した日 高橋昌平さん
「自分がいっぱいいっぱいになると、いつも祈り、話を聞いてくれる」進藤牧師と。底抜けに明るい性格の高橋さんは、多くの人から愛されている。

「罪人の友 主イエス・キリスト教会」(通称:罪友)に集うメンバーの中で、ひときわ元気な青年がいる。見方によっては、良い意味で「やんちゃ」に見えるこの青年の名は、高橋昌平さん(29)。

千間台キリスト教会の賛美リーダーとして奉仕する高橋さん。知人の紹介で、進藤龍也牧師と知り合い、時折、罪友メンバーとも礼拝をささげている。「自分に限界がきたときに、進藤先生には一緒に祈ってもらったり、助けてもらったりしている。神様が用意してくださった助け手に心から感謝している」と話す。

進藤牧師は、「私のアドバイスといえば、『自分の教会を愛すること』『牧師を愛すること』だけでした。『母教会での礼拝を終えてからなら、罪友に来てもよい』とも話しました。なので、彼の所属教会での活躍をとてもうれしく思っています。元ヤクザですから、『筋』を大切にしなきゃいかんですね。そういうことも主は喜ばれます。全ての教会は主の教会ですから」と話す。

台湾人の母と日本人の父の間に生まれた高橋さん。母の家系は代々クリスチャンで、祖父は牧師でもあった。高橋さんは、生まれたときから教会に行き、教会学校にも積極的に出席していた少年だった。父はお酒が大好きで、信仰はなかったものの、高橋さんは両親に愛されて育ったと話す。

中学生になり、多感な時期を迎えると、徐々にマンガなどの影響から、「不良=カッコイイ」と思うように。それでも、中学生時代にはなんとか教会に通い、3年生になる頃には、洗礼も受けていた。

しかし、高校生になる頃には、教会からは離れ、当時はやっていたカラーギャングに入るようになった。友達と群れをなしては、喧嘩、窃盗、無免許運転などを繰り返した。高校2年生の夏、ギャング同士の抗争事件に巻き込まれ、逮捕。少年鑑別所に入った。

少年鑑別所での生活は、約2カ月ほどだったが、「そんなにつらいとは思わなかった。友達もできたし、もう一度入りたいとは思わないが、つらい思い出はほとんどない」と話す。事件は夏休み中だったため、鑑別所に入った期間を含めても、すぐに学校に復帰すれば、留年するほど欠席する必要はなかった。

なんとか高校を卒業し、建設会社に就職した。しかし、ここでも、悪い「癖」から解放されることなく、物を盗んだり、人を傷つけたり、時には、人に殺意を覚えたこともあったという。そうした悪の世界にどっぷり浸かってしまった自分に嫌気が差し、夜中、扉の閉まっている教会の前で、一人、祈ったこともあった。

19歳の時には、薬物中毒になっているにもかかわらず、車を運転して、交通事故を起こしてしまう。交通違反に対する処分として、「免許取り消し」にはなったものの、薬物反応が検出されず、処分はこれにとどまった。

20歳の時には、それまでの借金が300万円にもなっていたが、必死に働き、なんとか返済。同時期に、当時お付き合いしていた女性との間に赤ちゃんを授かり、結婚した。

しかし、25歳の時、それまで酷使してきた高橋さんの身体は、悲鳴を上げていた。腰痛が悪化して、立つことも座ることもままならなくなっていたのだ。酒に溺れ、時にはマリファナも使用した。そうすることで、一瞬、痛みから解放されたのだ。

当時の妻は、身の危険を感じたのか、高橋さんから離れ、間もなく離婚が成立。立つことすらできない高橋さんは、仕事も失った。何もかもを失って、生きることすら嫌になった。

刑務所伝道シリーズ(12)朝日の光に懺悔した日 高橋昌平さん
大好きな罪友メンバーと共に、心からの喜びを賛美で表現。

そんな様子を見た友人が、生活保護を受けて、生活を立て直すことをアドバイスしてくれた。それから約3年間、生活保護を受けることになった。同時に、腰の治療に専念することになり、入院が決まった。容体は決して楽観できず、腰の骨には、今もボルトが残るほどの大手術を受けなければならなかった。その時のことを高橋さんは、「とにかく激痛でした。世の中に、こんな痛みがあるのか・・・と思ったほど」と表現する。

やっとのことで、自分の足でトイレに行けるまでに回復した。ある朝、朝日が燦々(さんさん)と降り注ぐ病室で、立ち上がってトイレに行こうとしたそのとき、「自分の足で立てることの喜び」を感じている自分がいた。久しぶりに神様の存在を確認し、感謝をしたのだという。その瞬間、全身に大きな衝撃が走るのを感じた。「神様、今まで、あなたのことを顧みず、自分の好きなことばかりしていて、ごめんなさい」。心から罪を認め、悔い改めたという。

何もかも失ってしまったが、神様の言葉だけが高橋さんを包んだ瞬間だった。それからは、母教会に戻り、現在は賛美リーダーとして、礼拝で声高らかに神様を賛美している。徐々に社会復帰も果たし、今は自身の子どものため、離婚した妻のため、両親や家族のために祈っていると話す。

「まだまだ不安なことがたくさんある。経済的なこと、これからの自分の人生、きっといろいろなことがあると思う。でも、俺は全然ビビってない。『イエス様はサイコー!』といつも自分に言い聞かせている。どんなことがあっても、イエス様が一緒にいれば大丈夫!」と笑顔を見せる。

この底抜けに明るい彼の笑顔と、熱く聖書を語る眼差しが、多くの人に光を照らす。「今までの自分だったら、『怖いものなんか何もない!』と思っていたが、今は一つだけ怖いものがある。それは、自分が神様から離れること」ときっぱりと言い切る高橋さん。あの朝、病室に差し込んだ温かな日差しは、高橋さんを再び光の世界へと導く道標だったのだ。

<<前回へ     次回へ>>

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース